人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部が選んだ今週の新製品ベスト10(2019.9.14)

2019.09.14

(2019.9.14) @DIMEに掲載された今週の新製品ニュースの中から、編集部がチョイスした記事を紹介。読み逃した方も、これを読んで最新のギアトレンドをおさらいしよう!

編集部が選んだ今週の新製品ベスト10(2019.9.14)

Apple「iPhone11 Pro」「iPhone11 Pro Max」

Appleは、プロレベルの新しいiPhoneとして、iPhone 11 Pro および iPhone 11 Pro Max を発表した。 この新しい2モデルは、最高レベルのスマートフォンを求めるユーザーに向けて先進的なパフォーマンスを提供。 新しい Super Retina XDR ディスプレイは、プロという名がつくにふさわしいディスプレイで、iPhone史上最も明るい画面を備えている。

【参考】プロレベルのスペック?新型「iPhone11 Pro」「iPhone11 Pro Max」の実力とは?

Apple「iPhone 11」

Appleは、世界でもっとも人気のあるスマートフォン1をさらにパワフルにし、一日を通じて最もよく使う機能を今まで以上に使いやすくする技術革新を搭載したiPhone 11を発表した。 iPhone 11はパワフルなデュアルカメラシステムを搭載し、スマートフォンの中で最も品質の高いビデオや写真のナイトモードで直感的なカメラの体験を提供。iPhone 11はA13 Bionicチップの搭載で最も要求の厳しい処理をこなす一方、一回の充電で一日中使うことができ、さらに耐水性能も向上した設計となっている。

【参考】何が変わった?「iPhone 11」の進化したポイントを2分でおさらい

Apple「iPad」

AppleはiPadモデルの画面領域を広げ、フルサイズのSmart Keyboardに対応した新しい第7世代のiPadを発表した。10.2インチRetinaディスプレイの新しいiPadは、約350万ピクセルの画面で、広い視野角度を実現。 鮮やかなキャンバスはクリエイティブな表現を可能にし、さらなる進化を遂げたカメラと先進的なセンサーが没入感のある拡張現実(AR)体験を実現する。

【参考】10.2インチRetinaディスプレイ搭載!マルチタスクでパワフルな作業もこなす重さ469gの第7世代新型「iPad」

Apple「Apple Watch Series 5」

Appleは、スリープすることのない新しい常時表示Retinaディスプレイを搭載したApple Watch Series 5を発表した。 常時表示Retinaディスプレイは、手首を上げたりディスプレイをタップすることなく、時刻や大切な情報を簡単に見ることができる。 内蔵のコンパスや今いる場所の高度の表示など、新しい位置情報機能は、ユーザーの日常のナビゲーションを快適する。

【参考】緊急通報もできる!スリープレスの常時表示Retinaディスプレイを採用した「Apple Watch Series 5」

Hasselblad「X1D II 50C」

ハッセルブラッド・ジャパンは、 6月に発表したミラーレス中判デジタルカメラHasselblad Xシリーズの最新作「Hasselblad X1D II 50C」を発売した。 「Hasselblad X1D II 50C」は前モデルより、 改善された電気設計によって迅速で直感的な操作性を実現。 また、 最も軽量なデジタル中判カメラであるX1D-50cの特徴を引き継ぎ、 Hasselblad X1D II 50Cはカメラ本体の重量を約650gまで抑えた。

【参考】重さ650gで扱いやすい!5000万画素CMOSセンサーを搭載したHasselbladの中判ミラーレス「X1D II 50C」

カシオ「G-SHOCK MTG-B1000XBD/B1000XB」

カシオ計算機は、 耐衝撃ウオッチ“G-SHOCK”より、 今年発売20周年を迎えるメタルと樹脂の特長を融合させた“MT-G”シリーズの新製品として、 軽量でありながら強くて美しいカーボン積層ベゼルを採用した『MTG-B1000XBD/B1000XB』を10月5日に発売する。 新製品は、 “MT-G”に用いられる外装素材の新たな挑戦として、 スマートフォンリンク機能や電波ソーラーといった高い機能性と、 腕になじむミドルサイズを両立した「MTG-B1000」をベースに、 同シリーズで初めてカーボン素材をベゼルに採用した。

【参考】カシオ「G-SHOCK」発売20周年記念モデルMT-Gシリーズに軽くて強いカーボン素材をベゼルに採用した「MTG-B1000XB」登場

フィリップス「ソニッケアー エキスパートクリーン」

厚生労働省の「平成 28 年歯科疾患実態調査」によると、1日2回歯を磨く人の割合は年々増加しており、8020 達成者(80 歳で 20 本以上の歯が残っている人の割合)は 51.2%、平成 23 年の調査結果 40.2% から増加している。これらの結果から、将来まで健康な歯を保ち、より良い食生活を送りたいというニーズ及び、歯に対するケアの重要性が高まっていると推測できる。 そんな現代人のニーズに応えるため、フィリップスはソニッケアーの最新機能を搭載した『ソニッケアー エキスパートクリーンシリーズ』を発売。より良いオーラルケアを徹底的にサポートしてくれるアイテムだ。

【参考】アプリでブラッシングの回数、時間、力加減を記録してレポートしてくれるフィリップスの電動歯ブラシ「ソニッケアー エキスパートクリーン」

SIGMA「SIGMA fp」

スマートフォンの登場により、撮影や表現をとりまく環境は大きく様変わりしつつある。 高性能のレンズ交換式カメラもスマホのカメラも、用途や場面に応じて柔軟に使い分けるようになっている現在、SIGMAは、デジタルカメラそのものの本質的な価値を問い直したいと考えた。 そして誕生したのが、世界最小・最軽量のフルサイズ・ミラーレス一眼カメラ『SIGMA fp』。

【参考】わずか370g!世界最小のフルサイズミラーレス一眼「SIGMA fp」のスゴいポテンシャル

ネスプレッソ「Essenza Plus」

NESPRESSOは、1986 年に発売を開始して以降、カプセル式コーヒー市場のパイオニアとして、常に革新を起こし、世界中の人々のコーヒーの楽しみ方に変化をもたらしてきた。 今回NESPRESSOから登場したのは、アメリカーノを含む4つのカップサイズが楽しめる「Essenza Plus」とコンパクトでスタイリッシュなデザインが印象的な「PIXIE Ⅱ」の2種類のコーヒーメーカーだ。

【参考】アメリカーノを含む4つのカップサイズが作れるネスプレッソのコーヒーメーカー「Essenza Plus」

キヤノン「EOS 90D」

キヤノンは、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼カメラの新製品として「EOS 90D」を9月中旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格はボディ単体が150,000円(税別)、EF-S18-135 IS USM レンズキットが197,500円(税別)。 「EOS 90D」は、2016年3月発売の「EOS 80D」の後継機種。キヤノンのAPS-CサイズCMOSセンサー搭載のデジタル一眼レフカメラにおいて最高となる有効画素数約3250万画素のCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、ノイズの少ない高い解像感を実現する。

【参考】3250万画素の解像力と10コマ/秒の高速連写を実現したキヤノンのAPS-C一眼レフカメラ「EOS 90D」

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。