人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

1分でおさらい!iPhone 11、第7世代iPad、Apple Watch Series 5のココがすごい!

2019.09.13

 日本時間の9月11日にアップルが開催した「Apple Special Event」ではiPhone、iPad、Apple Watchの新機種が発表された。

 iPhoneは、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3種類で、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは三眼カメラが注目ポイント。iPhone 11が、iPhone XRからの後継機種。またいずれの機種も性能が向上しバッテリーが1時間以上長持ちするようになった。

 iPadは、10.2型の第7世代iPad。スマートコネクターに対応し、スマートキーボードが接続できるように。ノートパソコンからの乗換ユーザーの獲得をねらっているよう。

 Apple Watchは、Apple Watch Series 5。常時ディスプレイオンで18時間使用可能。前機種 Series 4と比べて2倍高速になったCPUと、アルミとステンレススチールの2種類の材質に加え、チタニウムとセラミックが追加となり4種類の材質から選べるようになった。

iPhoneはカメラ機能のグレードアップに今年も驚かされた

 毎年カメラ機能を大きく強化していくiPhone。今年は上位モデルのProシリーズはカメラが三眼カメラになった。フロントのカメラと合わせて4つのカメラで同時に撮影できるので、YouTuberが自分の顔動画を撮影しながら3つのカメラの動画を撮影するような使い方ができる。標準のカメラアプリは非対応。発表会では「FliMic」というアプリを使って同時撮影を実現していた。

 また暗い部屋で撮影するために適切な「ナイトモード」やセルフィ—でスローモーション動画を撮影する「スローフィー」。写真を高画質化する「Deep Fusion」などの機能が追加された。

■iPhone 11シリーズの価格

・iPhone 11(6.1インチ)  7万4800円〜
・iPhone 11 Pro(5.8インチ) 10万6800円〜
・iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)11万9800円〜
(税抜き)/発売日は9月20日(金)

iPhone 11の価格が税抜き7万4800円から購入できるので値ごろ感を感じる。

iPhone 11のカメラは正方形のモジュール部が盛り上がり、さらにカメラレンズ部が盛り上がっている。

ディスプレイはiPhone Xシリーズのように上部ノッチがある。

iPhone 11のカラーバリエーションはホワイト、イエロー、グリーン、パープル、(PRODUCT)RED、ブラックの6種類。
iPhone 11 Proシリーズはゴールド、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4種類。

ナイトモードの撮影例。右側の写真がナイトモードで撮影したときのもの。光源が暗いところで威力を発揮する。

プロセッサーは「A13 Bionic」。当然、前機種iPhone XR以上の性能を発揮する。

Proシリーズの三眼カメラ。こちらも正方形のモジュール部が盛り上がりレンズ部がさらに盛り上がっている。

3つのカメラで撮影した画像の違い。

同時撮影ができるアプリ「FliMic」で撮影を行っている様子。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。