人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

価格はやや抑えめ、Proはトリプルカメラを搭載!「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の詳細情報をおさらい

2019.09.12

新型iPhoneは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」

 米国現地時間2019年9月10日、Appleの本社「Apple Park」にあるスティーブ・ジョブズ・シアターでスペシャルイベントが開催され、新しいiPhoneが発表されました。

 新モデルは「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の3機種。9月13日の21時から予約が開始され、9月20日に発売です。日本のApple直販サイトの価格は、iPhone 11が7万4800円(税別・以下同)から、iPhone 11 Proが10万6800円から、iPhone 11 Pro Maxは11万9800円からとなっています。

 対応するLTEネットワークを提供する通信事業者として、ドコモ、au、ソフトバンクが記載されていますので、大手3キャリアで購入する場合の価格も発表されるはずです。なお、Appleのサイトに楽天モバイルの記載はありません。

 ディスプレイサイズ、スペックから見て、iPhone XRの後継がiPhone 11、iPhone XSはiPhone 11 Proに、iPhone XS MaxはiPhone 11 Pro Maxの後継ということになります。iPhone XRはXS/XS Maxの廉価版とされてきましたが、今回からはMacBookとMacBook Proの関係と同じように、iPhone 11が標準モデル、iPhone 11 Pro/Pro Maxはディスプレイサイズの違いで2タイプあるプロ仕様モデルという扱いになっています。

「iPhone 11」は6色展開、デュアルカメラ

iPhone 11のカラーバリエ-ションは6色。

 6.1インチの液晶ディスプレイを搭載するiPhone 11は、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、 (PRODUCT)RED(レッド)、ホワイトの6色展開。iPhone XRはポップで鮮やかなカラーがラインアップされていましたが、iPhone 11のグリーン、イエロー、パープルは淡い色を採用しています。

 データストレージ容量は64GB、128GB、256GBの3種類が用意されます。

iPhone 11はデュアルカメラ。

 カメラはともに1200万画素の広角と超広角のデュアルカメラとなりました。注目は超広角カメラ。ファーウェイ端末やGalaxyで取り入れられている人気の超広角レンズがiPhoneにも搭載されました。大人数での集合写真や室内、大きな歴史的建造物もフレーム内に楽に収まりますし、風景はより広範囲を撮ることができます。iPhoneの超広角カメラは広角カメラでの撮影時も動いており、フレームの外側の様子を見ながら撮影できるのも便利そうです。

左が広角、右が超広角で撮った写真。

超広角カメラは広角カメラでの撮影時にも動いており、フレームの外側の様子を見ながら撮影できる。

 また「ナイトモード」が加わりました。必要に応じて自動的にオンになり、シャッターを押すと複数枚の写真を撮影。それをカメラのソフトウエアが賢く合成することで、暗い場所でもフラッシュを使わず明るく、自然な写真に仕上がります。背景をきれいにぼかせるポートレートモードは人だけでなくペットや物にも対応しました。

左が通常、右がナイトモード。

 動画撮影機能も大きく進化しました。広角と超広角どちらのカメラでも60fpsの4Kビデオを撮影でき、ファインダーの倍率をタップすることで広角と超広角カメラをスムースに切り替えることができます。撮った映像は、トリミングや回転、フィルター追加などiPhone内で簡単に編集できます。

広角と超広角どちらのカメラでも60fpsの4Kビデオを撮影できる。

 なお、「QuickTake」という機能が搭載され、静止画を撮っている時にシャッターボタンを長押しすると、すぐにビデオ撮影ができます。また、フロントカメラでも120fpsのスローモーション撮影が可能になりました。Appleのサイトでは「スローフィー」と表現されています。

フロントカメラでスローモーション撮影が可能に。

 防水防塵性能はIP68。最大水深2メートルで30分の耐水性能となり、iPhone XRより2倍の水深に耐えられます。また、バッテリー稼働時間はiPhone XRより1時間長くなり、高速充電にも対応しました。

 これらの機能を支えるチップはiPhone 11 Pro/Pro Maxと同じ「A13 Bionic」。CPUとGPUは前世代より20%高速化し、25%~40%省電力化しているとしています。機械学習に適した設計となっており、リアルタイムで写真やビデオの分析を行なう「ニューラルエンジン」もより高速になりました。

Galaxyやファーウェイ端末など他社のスマホよりも高性能だとアピール。

イベントではA13 Bionicチップについての詳しい説明も。チップ全体で機械学習にフォーカスしたという。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。