人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

阿波踊りの激しい動きを追尾できるか?ソニー「α7R IV」のリアルタイム瞳AFのお手並み拝見

2019.09.16

リアルタイム瞳AFは阿波踊りにも有効だった!

連写を使って672枚撮影したが、瞳AFが外れることはほとんどなかった。前後左右の近い位置に複数の踊り手がいる場合、顔認識が他の人に飛んでしまうことがあったが、被写体をタッチすれば元に戻すことができた。16時54分から18時06分まで撮影したが、最後まで瞳AFは有効だった。18時30分の暗さでは顔認識が働かなくなった。結論としては瞳AFは阿波踊りでも非常に有効、連写ではうちわで顔を隠したり、目を閉じた瞬間にAFが外れるカットがあったが、それ以外のカットはビシッとピントが来ていた。

顔が編み笠に隠れて暗くなっていたが顔認識から瞳AFに切り替わった
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/200sec、F5.6+1.3、ISO500 168mm

ISO2500まであげるほど周囲が暗くなっても瞳AFは問題なく働いてくれた
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/200sec、F5.6+1.3、ISO2500 352mm

連写モードで撮影、リアルタイム瞳AFが激しい動きの踊り手の瞳を捉えた
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/160sec、F6.3+0.3、ISO500 179mm

顔認識しにくそうなメイクのも関わらず瞳AFが外れることはなかった
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/160sec、F6.3+0.3、ISO500 179mm

望遠レンズの場合、最初に狙った被写体にAFが合えば瞳AFが前後に動くことはなかった
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/1000sec、F5.6+0.3、ISO4000 164mm

踊り手の間隔が狭い場合は、狙いと違い前後の人物の瞳が検出されることもあった
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/250sec、F4.5+0.3、ISO800 100mm

動きを出すために1/30secのスローシャッターを選択。瞳AFはピントを合わせ続けた
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/30sec、F4.5+0.3、ISO160 100mm

こちらは1/50secで撮影。手ブレ補正が強力なので手持ちでもほぼブレなかった
FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SONY α7RIV 1/50sec、F5.6、ISO1000 179mm

標準ズームを使っても瞳AFは素早くピントを合わせてくれた
FE 24-105mm F4 G OSS SONY α7RIV 1/125sec、F5+0.3、ISO100 105mm

踊り手がここまで小さくなると顔認識までで瞳AFが働かないこともあった
FE 24-105mm F4 G OSS SONY α7RIV 1/100sec、F5+0.3、ISO100 85mm

■外部マイク『ECM-B1M』を使って録画した4K動画

(写真・文/ゴン川野)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。