人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「テプラ」の進化形から対話型翻訳機、電子メモ、スマホのプッシュ通知確認可能なペン、キングジムの技ありアイテムが面白い!

2019.09.11

「テプラ」で一世を風靡した後も、さまざまな文具やデジタルアイテムを生み出し続けているキングジム。「テプラ」も年々進化していて面白い。ここではキングジムの新商品の中で、特に@DIMEが注目しているアイテムを5つ紹介する。

キングジムのアイディアがたっぷり詰まった技ありアイテム5選

キングジムのラベルプリンター「テプラ」にアプリで操作できるスマホ専用モデル「Lite LR30」が出た!

キングジムからスマートフォンのアプリで操作できる、 手のひら サイズのラベルプリンター「テプラ」Lite LR30が登場。2019 年8 月20 日(火)より発売する。  ラベルプリンター「テプラ」Lite LR30は、 「テプラ」初となるスマートフォン専用モデル。本体とスマートフォンをBluetoothで接続し、 iOS/Android用の専用アプリ「TEPRA Lite」を使って簡単にラベル が作成できる。

【参考】https://dime.jp/genre/753291/

世界の72言語に対応!窓口業務に最適なキングジムの2台1組対話型翻訳機「ワールドスピーク」

キングジムは、世界72言語を瞬時に翻訳できる2台1組の対話型翻訳機「ワールドスピーク HYK100」を7月19日に発売する。価格は148,000円(税別)。 「ワールドスピーク」は互いに向かい合って対話しながら使用できる、2台1組の据置タイプの翻訳機。会話ボタンを押しながら本体に向かって話すと、ペアリングしたもう1台の端末に翻訳結果が瞬時にテキストで表示されるうえ、音声でも読み上げられるので、ホテルのカウンターや公共施設の窓口などの接客業務に最適だ。

【参考】https://dime.jp/genre/740866/

キングジムのラベルライター「テプラ」が進化!ラベルの無駄な余白を削減しテープの種類を自動で識別

キングジムは、ラベルの無駄な余白を削減しテープ種類を自動で識別する「ラベルライター テプラ PRO SR-R680」を5月31日に発売する。価格は23,800円(税別)。 今回発売の「テプラ PRO SR-R680」は、ラベルを印刷する際の無駄な余白を削減したことにより、1本のカートリッジからより多くのラベルを作成可能。従来機種と比べ、ラベル1枚につき前後の余白が約6mm短くなり、8m巻テープでは約50枚多くラベルを作れるという。

【参考】https://dime.jp/genre/720592/

アラーム機能付きだから忘れない!4.3インチ電子ペーパーディスプレイを搭載したキングジムのデジタルメモ「カクミル」

キングジムは、4.3インチ電子ペーパーディスプレイを採用した「気づかせメモ カクミル EM10」を発売。価格は14,000円(税別)。カラーはストーングレーとスカイグレーの2色を用意する。 本製品は、液晶画面にタッチするだけですぐに起動し、紙にペンで書くようなアナログ感覚で、手書きのメモを記録することができるデジタルメモ。画面には解像度480×800ドットの4.3インチ電子ペーパーディスプレイを採用し、書いたメモを常時表示させることが可能だ。

【参考】https://dime.jp/genre/720570/

電話の発信者やメール、LINEの内容が確認できるキングジムのスマートボールペン「インフォ」

キングジムは、スマートフォンが受信したプッシュ通知を確認できる「スマートボールペン インフォ INF10」を6月14日に発売する。価格は12,000円(税別)。 本製品は、Bluetoothでスマートフォンと連携して、電話の発信者や、メール、LINEの内容などスマートフォンが受信したプッシュ通知をペンのディスプレイに表示し、バイブレーションの振動やLEDで知らせてくれるという、新発想のデジタル文具。

【参考】https://dime.jp/genre/719715/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。