人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収400~800万円のビジネスパーソンが望むこれからの働き方ランキング、3位「無理をしない」、2位「スキルを身につけたい」、1位は?

2019.09.11

「働き方改革」「人生100年時代」「大企業副業解禁」「老後2000万円問題」などなど……

様々なキーワードが錯そうする現代社会においては、個人としてどのようなキャリアを歩むべきなのか悩み、スキルアップや転職を考えたりするものだ。

そこで今回、1回以上転職を経験したことがある東京都内在住、年収400万~800万円、22~35歳男女の方を対象にした「キャリア」に関するアンケート調査が実施されたので、紹介していきたい。

人生100年時代の働き方において、「これからの人生に不安がある」が69.3%

「これからの人生に不安はあるか」(n=111)という質問が投げかけられたところ、「とても不安」「少し不安」と答えた人が69.3%と半数以上にのぼった。

寿命の延長に伴い、仕事からの引退も長引くことが予想され不安に思っている人が多いことが明らかに。

キャリアアップの意味は「スキルを上げる」が57.7%

次に「キャリアアップという言葉の意味をどのように考えているか」(n=111)という質問が投げかけられると、「スキルを上げる」が最多で57.7%、以降、「年収を上げる」56.8%、「出世をする」48.6%、「自由に働く」15.3%となった。

43.0%がキャリアアップは「大変そう」という印象も

さらに、「キャリアアップという言葉への印象」(n=107)を尋ねる調査が行われたところ、「目指したい」が46.7%と最多に。

時代は移り変われど、キャリアアップに対する前向きな考え方は世代間を超え共通するものだということがわかった。一方で、「大変そう」という意見も43.0%と、懸念を示す人も多いことが明らかに。

新時代の働き方は「無理をしない」31.5%

「これからどのような働き方をしたいか?」(n=111)と尋ねる調査が行われたところ、「成長できる働き方」が37.8%、「スキルを身につけられる働き方」が36.9%と、ほぼ同率の結果になった。

一方で、「無理をしない働き方」も31.5%と、長時間労働などの労働問題に対してシビアに捉えている人が多いことも判明した。

今回の調査では、令和を支える22~35歳の現役世代における「キャリア」に対する考え方が明らかになった。

令和へと時代も変わり、働き方改革を背景に、長時間労働の是正や副業による掛け算型社員など、柔軟な働き方を取り入れている人も多くいる。

加えて、医療などの進歩により「人生100時代」とうたわれ、寿命が長くなった分、必然的に働く期間が長くなる。長い人生だからこそ、自分らしく、掛け算型で無理なく働けるキャリアアップが望まれている。

<調査概要>
調査概要:キャリアに関する意識調査
有効回答:東京都内在住、年収400万~800万円、22~35歳男女、転職経験1回以上:111名
調査期間:2019年8月23日~2019年8月26日

出典元:1st Penguin株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。