人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エアコン、炊飯器、電気ポット、使用頻度の高い家電の電気代を節約するテクニック

2019.09.15

電気代をかなり使いそうなエアコンや、電気を一日中通しっぱなしにしている炊飯器や電気ポットなど。今より少しでも電気代を節約できる方法をまとめてみた。

家電は使い方を変えるだけで、電気代をどのくらい節約できる?

今年の夏はつけっぱなしだった家庭も多い、エアコン電気代のウソ、ホント

今年の夏は、暑すぎてエアコンをずっとつけっぱなしだった家庭は多いのではないだろうか。その分、電気代を抑えるための節約術を行っていた人もいるだろう。しかし、よく言われているエアコンの電気代節約術の噂は本当なのだろうか? そこで家電メーカーにその真相を聞いてみた。今年の夏を振り返りながら、9月にもぶり返しそうな残暑に向けて準備したい。

【参考】https://dime.jp/genre/761602/

エアコンと扇風機やサーキュレーターの併用は、本当に節電や冷却の効果を生むのか?

日本の夏の平均気温は100年で1.11℃のペースで上昇している。 そんな日本の夏、現代の生活者はどのように家電を取り入れて乗り切っているのか。 今回インテージは、夏を快適に過ごすための家庭での空調について、日本全国の20-69歳男女3,627人を対象に調査を実施した。 この調査結果から、夏の空調家電の利用実態や、とっておきの使い方を紹介したい。

【参考】https://dime.jp/genre/755619/

こまめに消す?LEDに変える?蛍光灯の消費電力を減らす方法

電気代を安くする近道は消費電力を減らすこと。そして消費電力を減らすには、蛍光灯を変えることも方法の1つだ。 ここでは蛍光灯を取り換えることでどれだけの消費電力を減らせるのか、実際のデータをもとに紹介していこう。

【参考】https://dime.jp/genre/765663/

交換してからどれくらい持つ?蛍光灯の寿命を延ばすポイント

オフィスでも家庭でも使われる蛍光灯。 メーカーが提示している平均寿命はあるが、それよりも早く切れてしまうことがしばしばある。 ここでは、蛍光灯の種類による寿命と、早く切れてしまう原因等を紹介する。少しでも寿命を延ばしたい人はぜひ参考にしてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/743177/

「保温機能を使わない」だけじゃなかった!炊飯器の電気代を抑える知恵

炊飯器の節電方法は、食べる時間に合わせて炊きあがるようにタイマー予約をし、保温しないようにするなどがあります。節電の大きなポイントは「保温しない」ことですが、もし保温せずに電子レンジで温め直した場合どれぐらい省エネになるか。また、「保温しない」節電方法をより効率的にするコツをご存じですか? ここでは、保温機能を使用した時と電子レンジで温め直した時の電気代の違いや、「保温しない」場合の節電効果をより高める方法をご紹介します。

【参考】https://dime.jp/genre/759413/

1年間使った時の電気代は?消費電力を抑えて保温ができる電気ポットの選び方 

電気ポットは、沸騰させたお湯を保温しておくことができる便利な家電ですが、常に電源を入れていると、電気代が高くなってしまうのでは? という疑問が浮かびますが、1年中電気ポットを使用した時の電気代は、省エネ機能や保温性能を高めるまほうびん構造などによって、とても安くなっています。 ここでは、電気ポットを1年中使用した時の電気代や省エネ性能の高い保温ができる電気ポットをご紹介します。

【参考】https://dime.jp/genre/744755/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。