人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コーヒー焙煎士も大絶賛!めちゃくちゃ便利なDIME最新号の特別付録「デジタルスプーンスケール」

2019.09.17

肉の火入れや、コーヒーの抽出など、途中の工程をどんなに丁寧に行なっても、計量をおろそかにしてはすべてが台なしになる。どうして計量が大事なのか、『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士の小池 司さんに今月号の本誌特別付録『デジタルスプーンスケール』を試してもらいつつ、聞いてみた。

料理の要!知っておきたい計量の基本

 料理に慣れていない人ほど計量は面倒、やらないという場合が多いだろう。しかし、目分量でおいしく作るには、プロの料理人ほどの腕前がないと難しいもの。おそらく、レシピ本などで「大さじ1」といわれてもピンとこないのも理由のひとつではないだろうか。

 当たり前だが、同じ大さじ1(15㎖)でも素材によって重量が変わる。特にパンや菓子作りは、0.1gが成功の分かれ道になるので、正確に量るクセをつけたほうがいい。

 一度、レシピ本のとおりに計って料理を作ってみるといい。料理人が緻密に計算した味のバランスを家でも再現できるとわかるから。

「粉の分量を量ることって大事なんです!」

 コーヒーを淹れるにあたって、粉の量も、お湯の量も、そして温度も、きちんと量ることなく、何となく感覚で淹れている人は多いのではないだろうか? しかし、分量を計ることはおいしい一杯を淹れるためには不可欠だと、小池さんは語る。

「手間かもしれないけれど、自分の好みの適量を知って、そのルーティンに沿って淹れれば、コーヒーブレークのひとときがより満足度の高いものになります。ぜひ〝きちんと分量を量って淹れる〟を習慣づけてほしいですね。『デジタルスプーンスケール』は粉をすくうワンアクションで、粉の分量がわかって便利。時短にもなりますね。僕も取り入れます!」

「ボクもこんなのが欲しかった!」

『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士
小池 司さん

東京・池袋のスペシャルティコーヒー専門店『COFFEE VALLEY』オーナー・焙煎士。自家焙煎のコーヒー豆を幅広く取り揃える。。http://coffeevalley.jp

今回、計量して淹れたコーヒーはこれ!

適量を把握しておけば、ひとすくいで素早く粉を計量できる。

「おいしい一杯は計量から!」

取材・文/坂本祥子 撮影/タナカヨシトモ イラスト/山口絵美(asterisk-agency)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。