人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

柔軟性と弾力性を併せ持つハイブリット4D立体構造で首や肩の負担を軽減する西川の「エアー4DXピロー」

2019.09.09

西川は、コンディショニング・ギア「エアー」シリーズからコンディショニング・ピローのハイエンドモデル「エアー4DXピロー」の先行販売をエアーコンディショニングショップなど一部店舗で開始した。なお、全国の百貨店、寝具専門店、家具店などでは10月1日に発売を開始する。

「エアー4DXピロー」は、温度上昇を抑えるゲルを内蔵した4D感覚特殊立体構造の「エアー4Dピロー」の進化版。首を優しく支え肩への負担を軽減する両サイド高めのネックサポート形状に、より高質なクッション性を持つ素材と高度なカッティングを採用し、しなやかに頭部にフィットする柔軟性と、しっかりと頭部を支える硬度の両立を実現した。

 

ピローは異なる素材を用いた4層構造からなり、1層目にはウレタンは通気性の高いムマクフォームを採用。点で支える構造で頭圧を分散しつつ、ムレ感を抑え、その下には、しなやかなサプルフォーム(ウレタン)を配置し頭部を包み込むような心地よいホールド感を実現する。

さらに、3層目に内蔵したゲルにより、枕内部の温度上昇を抑え、縦横に走る多数のスリットと上下に抜けるエアーホールにより換気を促進。4層目には安定感のある素材ブラックソールを採用し、しっかり頭部を支える硬度とほどよい反発力で、スムーズな寝返りを促すという。

また、中央凹型、両サイド高めの特殊立体構造で頭部が安定し、首筋にもぴったりフィット。仰向けでも横向きでも安定したポジションをキープすることが可能だ。

HighとLowの2種類を用意し、サイズHighが62×38×13cm、Lowが62×38×11cm。価格は各28,000円(税別)。

「エアー4DXピロー」(High)

「エアー4DXピロー」(Low)

関連情報
https://www.airsleep.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。