人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ズーム全域で開放F値2.8を実現!キヤノンが「EOS R」の大口径広角ズームと標準ズームの2つのRFレンズを発売

2019.09.09

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」

キヤノンは、EOS Rシステムの核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの大口径広角ズームレンズ「RF15-35mm F2.8 L IS USM」と大口径標準ズームレンズ「RF24-70mm F2.8 L IS USM」を9月下旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格は各275,000円(税別)。

両モデルとも、描写性能や操作性、堅牢性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズ。「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスにより、画面の中心部から周辺部まで高画質を実現する。

また、新たにシャッタースピード換算で5段分の効果を持つ「IS(Image Stabilizer)=手ブレ補正機構」とキヤノン独自開発の超音波モーター「ナノUSM」を搭載し、快適な静止画・動画撮影が可能。「RFレンズ」のラインアップに広角・標準からなる「F2.8 L ISズームレンズシリーズ」を新たに加えることで、EOS Rシステムを強化していくとする。

「RF15-35mm F2.8 L IS USM」は、焦点距離15mmから35mmのズーム全域で、開放F値2.8を実現。現行のEFレンズと比較して焦点距離が1mm広角化し、建築や風景などにおいて、被写体から遠く離れずに撮影することや遠近感を強調した写真表現が可能だ。また、3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と2枚の「UDレンズ」を含む12群16枚の光学設計により、画質劣化の原因となる諸収差を低減し、ズーム全域での高画質を実現する。

「RF24-70mm F2.8 L IS USM」は、焦点距離24mmから70mmのズーム全域で、開放F値2.8を実現。広角から中望遠までをカバーし、スナップから風景、ポートレート、動画撮影など多様な撮影シーンに対応可能だ。また、3枚の「ガラスモールド非球面レンズ」と3枚の「UDレンズ」を含む15群21枚の光学設計により、諸収差を高度に補正し、クリアな高画質を実現する。

「RF24-70mm F2.8 L IS USM」

関連情報
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。