人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

骨が折れても何度も復活するって本当?タフすぎるビニール傘「ポキッと折れるんです」を使ってみた!

2019.09.10

 暑い夏が終わり、待ちに待ってた秋が到来しましたが、秋雨の時期は天気が悪いことも多く、とても困りものですね。特に通勤通学の途中で、いきなり雨が降ってきたら、モ~ゥ大変。急いでコンビニに飛び込んで、真っ先に購入しなければいけないのが「ビニール傘」デス。

 「傘」とは、雨や日光などが体に当たらないよう、頭上に広げてかざすもの全般を指します。主に、金属性などの骨に布を貼り、柄をすえて開閉ができるようにしたものであり、頭部に被る、「笠(かさ)」とは異なりますので要注意です。

 古くは、日本書紀にて、百済(くだら)聖王の使者が、552年に欽明(きんめい)天皇へ幢幡(どうばん。仏堂に飾る旗。偉い人用の傘っぽいもの)を献上したとの記載があるそうなので多分それが元祖です。そして、「ビニール傘」とは、傘布(かさぬの。傘の布)にビニールシートを使った傘のことを指します。

 ちなみにビニール傘が登場する以前は、はっ水性の布生地が貼ってあり、芯や柄の部分も丈夫で長持ちして、高級そうな素材で作られたものが多く、値段は少なくとも数千円程度はしたため、使用中に破損したり、骨が曲がってしまったり、うっかり出先で忘れて帰ってしまった場合、かなりショボーンとなってしまいました。

 その後、安価なビニール傘の登場で、忘れて帰ってしまっても、もういいや! 強風が吹いて骨が曲がった! でも、もういいや! 処分しちゃえ! ……とばかりに、「傘」イコール「使い捨てる」ものという常識になりつつある現在の状況については、功罪相なかばするものがあるような気がしないでもありません。

もっとビニール傘を大切にした~い!そんな人に壊れにくい傘が登場!

 しかしここ最近は、これまでのビニール傘の規格よりも大きめで、丈夫なタイプのビニール傘が徐々に増えてきました。しかし、ビニール傘にはかわりなく、強めの風雨が来たら壊れて、無用の長物になってしまいます。

 日本洋傘振興協議会の推計によると、日本の洋傘の年間消費本数は、なんと1億2000万~1億3000万本ともいわれているようです。しかも、大半の割合(一説には8000万本?)を、何とビニール傘が占めるみたいです。

 ……お役立ちガジェット全盛のこの時代、とっても壊れにくい? ムダにならないエコでキュートでワンダフルなビニール傘は、果たして存在しないのでしょうか……。

実はあります。

このたび、骨が折れても骨折り損にならない! 何度でも復活するタフネスな壊れにくい傘「ポキッと折れるんです」が発売されました!

【参考】長寿乃里/風で折れても元どおり「ポキッと折れるんです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。