人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界の競技人口はサッカーに次いで2位!クリケットの楽しみ方を知って2020年W杯に出場するU19日本代表を応援しよう

2019.09.13

日本クリケット協会事務局長に聞くクリケットの魅力

クリケットにはどんな魅力があるのだろうか。日本クリケット協会の事務局長 宮地直樹さんに聞いた。

●見どころは打者と守備の攻防

「打者は、アウトになると交代しますが、1試合に1度しか打順が回りませんので、守備側がアウトを取るか、打者が得点を重ねていくかといった、打者と守備の攻防が見どころです。守備側は、試合状況、打者の特性に応じて守備位置や投手を決定し、打者の得点を抑え、アウトを狙います。打者は、打ち続けて得点を伸ばせるよう、アウトにならないようにプレーするとともに、得点を狙います」

●投手・投手・フィールダーの好プレーに盛り上がる

「投手が、打者が対応しきれない速球や変化球を投げたとき、打者がノーバウンドで場外に打球を運んだとき、フィールダー(守備)が鋭い打球をダイビングキャッチしたときなどは、大いに盛り上がります」

●守備側・打撃側に傾く流れを読むのも面白い

「両チームは1度ずつしか攻撃ができませんが、それぞれの攻撃の中でもアウトの数や規定投球数の残り球数とその時々の得点によって、試合の流れがそれぞれ守備側に傾いたり、打撃側に傾いたりしますので、試合の流れを読むのも見どころの一つです」

●1球1球状況が変わるハラハラ感

「試合の終盤には、後攻のチームの得点が先攻チームの得点を超えるか、先攻チームが守り切るか、1球1球、状況が変わる、ハラハラした展開も見どころになります」

U19クリケットワールドカップ2020の観戦ポイント

2020年に開催されるU19クリケットワールドカップは、日本チームも参戦することから、ぜひ注目したい。まだ未定ではあるが、インターネット放送で観戦できる予定のようだ。

「2018年に開催された前回のU19ワールドカップは、世界で208の国と地域で20試合が放送され、累計視聴者数は約10億人を数えました。日本でもインターネット放送が視聴可能でした。今回のU19ワールドカップも世界中で放送が予定されています。詳細は未定ですが、日本戦も1試合は放送される予定です」

観戦においては、どんなところに注目するといいだろうか。観戦ポイントを宮地さんは次のように話す。

「U19日本代表は、6月に出場した東アジア太平洋予選が8年ぶりの予選参戦でした。2011年までに、1勝しかしていなかった日本は、今回の予選でも下馬評は低かったものの、不利な展開から粘りのプレーで勝利を重ねて優勝することができました。

本選では、世界の5つの地域予選を勝ち抜いたチームに加え、予選を免除された世界トップの10か国が出場します。本選でも日本は16チーム中16位のランキングとなっており、これまで経験したことがないレベルでの戦いとなります。男子、女子、ジュニア通じて初のワールドカップ出場という夢の舞台で、世界の強豪に挑む若き日本代表選手にご注目ください」

【取材協力】
日本クリケット協会 事務局長
宮地直樹(みやぢ・なおき)さん
1978年9月16日生まれ。栃木県出身。慶應義塾大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス大学院修了。2000年~2013年に日本代表選手。2008年より日本クリケット協会事務局長に就任。クリケットを通じた地域活性化活動により、佐野商工会議所より産業功労者特別表彰を受賞(2010年)。スコットランド議会でクリケットによる東日本大震災復興支援活動を称賛する動議が提出された(2012年)。国際クリケット評議会普及活動表彰で2008年及び2011年に世界最優秀賞を日本クリケット協会が受賞。2015年には、日英協会賞を受賞。
https://cricket.or.jp/

【参考】

クリケットの詳しいルールを知りたい人は、クリケット協会が作成した入門ブックを参照しよう。
https://sano-cricket.net/catalog/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。