人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自宅のネット環境が激変!国内初の10GbEを搭載したバッファローのWi-Fi 6対応ルーター「WXR-5950AX12」

2019.09.06

バッファローは、国内で初めて10GbE(10ギガビットイーサネット)を搭載し、2019年7月施行の電波法施行規則に準拠した「Wi-Fi 6(11ax)」対応Wi-Fiルーター「WXR-5950AX12」を2019年10月中旬より発売する。

WXR-5950AX12

WXR-5950AX12R『Launch Edition』

また、内部構造が見えるクリアブラックの天面・背面パネルに、ゴールドのブランドロゴをあしらった台数限定の特別モデル『Launch Edition』(型番:WXR-5950AX12R)も同時に発売する。

2019年9月現在、国内ではISP各社が世界に先駆けて10G光インターネットサービスを開始している。

家庭内インターネット環境に求められる性能も高度化しており、高画質8K動画視聴などの大容量通信に耐えうる家庭用Wi-Fiルーターが求められている。

また、eスポーツ市場の伸長により、インターネットの高速化だけではなく「低遅延」に対するニーズも増加している。

この商品は、Wi-Fi新規格「Wi-Fi 6(11ax)」対応に加えてWAN/LANそれぞれ10GbEに対応し、国内の家庭内インターネット環境を大幅に押し上げる最高峰Wi-Fiルーターとなる。

「Wi-Fi 6(11ax)」は、従来のWi-Fi規格に対して通信速度や安定性を高めた新しいWi-Fi規格。近距離での通信を高速化する「1024QAM」、帯域を分割し複数端末同時通信により高速化・低遅延を実現する「OFDMA」、空間を多重化し複数端末と同時通信することで高速化する「MU-MIMO」、帯域幅を広げ高速化する「160MHz対応」、スマホ・タブレットのバッテリー消費を抑える「TWT」などの仕様を備えている。

また、従来規格の11acでも対応端末であれば「160MHz」や「TWT」の効果が得られる。さらに本商品では、8x8外付けアンテナによって「MU-MIMO(11ac 2×2対応機器の場合、最大4台)」や「8×8ビームフォーミング」の効果も得られる。帯域制御機能「アドバンスド QoS」も備えており、eスポーツプレイヤーの要求を満たす通信環境を提供する。

この商品はメインプロセッサーに64ビット2.2GHzクアッドコアの高性能CPUを採用しており、Wi-Fi 6(11ax)のパフォーマンス(5GHz 8ストリーム 4,803Mbps、2.4GHz 4ストリーム 1,147Mbps 理論値)を安定的に発揮。

また、帯域幅の異なる端末(80MHz/160MHz)に対しそれぞれのパフォーマンスを最大化する独自アンテナ「デュアルスタックダイポールアンテナ」(特許出願中)を搭載。設置環境に応じてアンテナ配置をカスタマイズし、通信環境の最適化を実現する。

Wi-Fi Allianceが2018年6月に発表した最新Wi-Fiセキュリティー規格「WPA3」に対応しており、同規格に対応した機器との通信において従来規格と比べてより強固なセキュリティーを提供。既存規格「WPA2」との互換モードを有しており、「WPA2」対応機器との接続性も維持。

また、有線LANは、国内で販売されている家庭用Wi-Fiルーターとして初めてWAN/LANそれぞれ10GbEに対応。10G光インターネット回線を最大限活用できる。

5GbE、2.5GbEにも対応しており、「WXR-5950AX12」と同時発売の2.5GbE対応LANアダプター「LUA-U3-A2G」や、近日発売予定の2.5GbE対応5ポートスイッチングハブ「LXW-2G5」と組み合わせることで、家庭の有線LAN環境を高速化できる。

関連情報:https://www.buffalo.jp/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。