人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

建築業界の勤続15年以上の平均年収は1062.9万円

2019.09.06

仕事がハードなイメージの強い建築業界。しかしその分、給与面は充実しており、その安定性ゆえに勤続年数も長いようだ。

厚労省が平成 30年2月28日に発表した「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」より、主な産業(12種)での賃金、勤続年数などの格差によると、年収300万円以下の業界が1/3を占めるなかで、建設業界の平均年収は「343.9万」で6位にランクインし、平均勤続年数では「14.1年」で4位に位置付けられている。

しかも今後、オリンピック・パラリンピックの開催、リニア開通、大阪万博の開催などに伴い、建設業界全体で需要が高まり続けることは間違いなく、先行きの見えない今の社会において、将来性の高い業界であると言えるだろう。

そこで今回、株式会社アーキ・ジャパンによる20代~60代建設業従事者(各世代200人以上)を対象にした「建設業界の実態」に関する意識調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

建設業界の平均勤続年数は「15.7年」!

まず、「勤続年数」について尋ねる調査が行われたところ、20代の平均は「4.0年」、30代の平均は「9.0年」、40代の平均は「16.2年」、50代の平均は「22.7年」、60代の平均は「26.6年」となり、全世代の平均は「15.7年」となった。下記の各業界の平均勤続年数と比較しても、今回の調査による建設業界の勤続年数の平均は高いことが見て取れる。

【各業界平均勤続年数】※厚生労働省発表「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」より

建設業:12.4年
製造業:13.5年
情報通信業:11.2年
運輸・郵便業:10.9年
卸売・小売業:12.3年
金融・保険業:13.9年
学術研究・専門技術サービス業:11.8年
宿泊・飲食サービス業:8.5年
生活関連サービス・娯楽業:9.7年
教育・学習支援業:11.3年
医療、福祉:8.4年
サービス業(その他):8.1年

過去と現在の年収比較!15年後に給料はこんなに変わる!?

次に、「働き始めた頃の年収」と「現在の年収」について比較調査が行われたところ、働き始めた頃の年収は「全体平均:329.1万円」だったのに対して、勤続15年以上の方の現在の年収は「全体平均:1062.9万円」と、初任給の約3.1倍という結果になった。

ここまでの調査で、建設業界は勤続年数が長く、平均昇給額が高いことから、業界としての安定感が収入や働き方の安定につながっているということがいえるだろう。

6割以上の方が建設業界に安心を感じることが判明

続いて、「働くうえでの安心とはどのようなことか」と尋ねる調査が行われたところ、「給与」(48.7%)という回答が最も多く、以降「安定した業績」(35.7%)、「福利厚生」(10.6%)、「会社規模」(3.6%)となった。

また、「現在の会社は上記の安心感を感じるか」という質問が投げかけられたところ、「まあまあ感じる」(50.7%)という意見が最も多く、以降「あまり感じない」(26.8%)と続き、「とても感じる」(11.3%)と「全く感じない」(11.2%)という意見はほぼ同数となった。

生活に直結する項目に対して「安心」と感じる方が多く、また、建設業界に関しては6割以上の方が「安心を感じる」と回答している。

建設業界は8割が昇給を望める!

「昇給の頻度」を尋ねる調査が行われたところ、「業績による」(35.7%)という回答が最も多く、以降、「年に1回」(30.5%)、「スキルアップが認められたら」(7.8%)、「歩合」(6.6%)と続く。「ない」という回答は2割程度となり、業界全体の8割は何らかの形で昇給しているようだ。

次に、「収入の使い道を教えてください」という質問が投げかけられたところ、「家庭の為」(56.7%)という回答が最も多く、以降、「貯蓄」(18.3%)、「車や家など大きい買い物」(13.9%)、「自分の趣味や娯楽」(10.4%)と続く。建設業界は安定した昇給が見込めるため、自分のためだけでなく、「家族」や「貯蓄」、「大きな買い物」などに給与を使う余裕もあるようだ。

調査概要:「建設業界の実態」に関する意識調査
【調査期間】 2019年8月9日(金)~ 2019年8月19日(月)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,004人
【調査対象】 20代~60代建設業従事者(各世代200人以上)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:株式会社アーキ・ジャパン

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。