人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

医療現場の働き方改革はどこまで進んでいるのか?

2019.09.07

人手不足で過酷な環境だと言われ続けている医療の現場では、どこまで働き方改革が進んだのか。現場で働いている人のリアルな声をピックアップした。

医療現場の声

10年前と比べて時間外労働は減った?勤務医3000人に聞く医療現場の働き方改革の実態

今年4月1日より順次施行されている働き方改革関連法。一般企業で始まった時間外労働の上限規制だが、2024年4月からは医師にも適用される。 しかし、実際のところ、医療現場は時間外労働の規制を遵守できるのだろうか?

【参考】https://dime.jp/genre/765895/

看護師6年目の本音「患者さんががんと向かい合ってどれだけ頑張ってきたかを知っています」聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院・猪子萌さん

出身は横浜です。高校時代はバスケット部で進路はどうしようかと。たまたまその少し前に祖母が子宮ガンで他界しまして。その時、看護師の仕事ぶりを目にして、人を助けたり支えたりする仕事に就きたいと。  3年間の看護学校を卒業して、ここは私が実習した病院でした。私はドラマ等で取り上げられる、救急センターの看護師に憧れていましたが。当時は搬送され目の前で亡くなるような患者さんの看護に自信がなくて。まず消化器外科病棟で勉強しようと思いました。

【参考】https://dime.jp/genre/726816/

看護師6年目の本音「患者さんの話を聞き、寄り添うことが何よりも大切です」聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院・猪子萌さん

16時30分から翌朝9時までの夜勤が、月に6回ほどあります。夜勤は多い時で患者さんを10名ほど受け持つ。楽な勤務ではありません。業務にも慣れた2年目のある日、夜勤の時にナースコールを何回も押す患者さんがいて。ただでさえ忙しいのに、私は嫌になった。 「私は身体が一つしかないんです。他の患者さんもいるんで、ちょっと待っていてくれませんか!」と、少し強い口調で言ってしまった。その70代の男性の患者さんは寝たきりで誰も面会に来なく、寂しかったんでしょう。

【参考】https://dime.jp/genre/726823/

コミュニケーションが足りない?意外と大きい医者と患者の意識の差

コミュニケーションには送り手と受け手の個性や立場、教育、知識量、文化の違いなど、伝えるメッセージを歪める様々な要因が存在する。近年、医療や健康に対する関心の高まりや、患者視点重視の考え方の広がりによって、医師と患者間のコミュニケーションの問題が顕在化されてきている 今回、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと京都大学大学院 吉田純研究室は、NTTコム オンラインが運営するインターネットアンケートサービス「NTTコム リサーチ」の登録モニターで、最近数年以内に病院等へ診察のために通院した人、および医師を対象に『医師と患者のコミュニケーション』に関して調査を実施した。

【参考】https://dime.jp/genre/527017/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。