人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最高出力2000ps、最大トルク1700Nmを誇るロータスのフルEVハイパーカー「Evija」が降臨

2019.09.08

エルシーアイは、2019年9⽉8⽇富士スピードウェイで開催される「Japan Lotus Day 2019」に、Lotus Evija(ロータス エヴァイヤ)を展示、日本初披露する。

今年で9回目を迎えるジャパン・ロータス・デーは、年に一度、全国各地からロータスオーナー、ロータスファンが終結する一大イベントとして、世界中のロータスファンが注目するイベントだ。

2019年7月16日に、英国ロンドンにて世界初公開されたLotus Evija(ロータス エヴァイヤ)、2019年8月15日に米国で開催されたモントレー・カー・ウィークからワールドツアーを開始し、日本では 「Japan Lotus Day 2019」にて日本初披露となる。

最高出力 2,000ps、最大トルク 1,700Nm(173.3kgm)の Lotus Evija は、世界で最もパワフ ルなロードカー。並外れた出力のカギを握るのが、2,000kW のリチウムイオン バッテリーだ。

マネジメントシステムを備えたこのバッテリーは、最先端の推進技術の開発でロータスとジョイントベンチャーを組む Williams Advanced Engineering(WAE)が供給している。

WAE は 2018 年、レーストラックで培った専門的な EV 技術を公道 走行車に応用したことが評価され、英国の企業にとって最高の栄誉である英国女王賞を授与された。

Evija の心臓部を構成するのは最先端のフル電動パワートレイン。開発にあたったのは、ロータスが技術提携を結 ぶ Williams Advanced Engineering。F1 はもちろんのこと、衝撃的なフォーミュラ E 開催初年度からの 4 シー ズンなど、モータースポーツにおける輝かしい実績で名を馳せる会社だ。

ミッドマウントのバッテリーパックは 2 シータ ーの座席のすぐ後ろに収められ、4 つの強力な電動モーターに電力を直接供給。このシステムは効率性が極めて高く、これまでにロードカーに搭載されたなかで最も軽量なだけでなく、最もエネルギー密度の高い電力パッケージとなっ ている。

目標車両重量わずか 1,680kg の Evija は、プロダクションカー史上最も軽量なフル EV ハイパーカーと なる。

走行モードはレンジ/シティ/ツアー/ス ポーツ/トラックの 5 段階に切り替え可能。0-62mph(0-100km/h)加速は 3 秒以下、最高速度は 200mph(0-320km/h)以上に達する。

また、Evija はエクステリアが衝撃的。どの角度から見ても、カーボンファイバーが寸分の緩みなくボディを覆い、 メカニカルなコンポーネントを包み込んでいる。

フロントを低く地面にかがめた姿勢で、最低地上高はわずか 105mm。リアはどっしりとした逞しいスタイリング。その中間にはティアドロップ型のキャビンが低めの位置に収められている。

クルマを後方から見ると、左右のベンチュリートンネルの開口部が LED で縁取られ、赤いリボン状の印象的なテールランプになっている。

夜間は特に、これがファイタージェット(戦闘機)のアフターバーナー(再燃焼装置)に似た 美しい視覚効果を発揮。さらに細やかなディテールとして、各トンネル内には室内を照らす LED が隠されている。

Lotus Evijaは、「Type 130」というタイプナンバーにちなんで130台を限定生産、2020年の間に生産を開始。価格は180万~200万ポンド(税別、英国ロータス工場渡し価格、別途輸送・登録諸費用等が必要)を予定。手付金25万ポンド(返金可能)で生産枠が確保される。

予約はhttps://www.lotuscars.com/で受付中だ。

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。