人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

広角24mmから望遠240mmまでカバーするキヤノン「EOS R」の交換レンズ、光学10倍ズームの「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」

2019.09.05

キヤノンは、「EOS Rシステム」の核となる交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、広角24mmから望遠240mmまでカバーする高倍率ズームレンズ『RF24-240mm F4-6.3 IS USM』を発売する。

「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスにより、画面の中心部から周辺部まで優れた描写性能を実現。また、フルサイズセンサー対応の高倍率ズームレンズでありながら、小型・軽量を追求した設計により旅行などさまざまなシーンで気軽に携行することができる。

光学10倍の高倍率ズームレンズ“RF24-240mm F4-6.3 IS USM”

焦点距離24mmから240mmの光学10倍ズームで幅広い撮影シーンに対応

広角24mmから望遠240mmまでの幅広い焦点距離をカバーする光学10倍ズームを実現し、旅行をはじめ、スナップや風景、ポートレートなど幅広い撮影シーンに対応。また、シャッタースピード換算で約5段分の高い手ブレ補正効果を実現し、望遠や夜景などの手ブレが発生しやすいシーンでもブレを抑えた撮影が可能だ。

画面中心部から周辺部にわたる優れた描写性能と小型・軽量化の両立

「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスの利点を生かし、レンズ群の後端(カメラ側)に大きなレンズを配置することで、画面の中心部から周辺部までの高い描写性能と小型・軽量化の両立を実現している。また、「UDレンズ」と「非球面レンズ」の採用により、画像劣化の原因となる諸収差を低減し、高画質を実現。

超音波モーター「ナノUSM」搭載により快適な静止画・動画撮影を実現キヤノン独自開発の超音波モーター

「ナノUSM」を搭載し、AF(オートフォーカス)を高速化。さらに「EOS Rシステム」のミラーレスカメラに搭載している「デュアルピクセルCMOS AF」との組み合わせにより、静止画撮影時における高速・高精度AFと動画撮影時における滑らかなAFを実現している。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。