人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

100m元日本記録保持者・朝原宣治氏が発明したヒップ特化型トレーニングマシン「ヒップアンカー」

2019.09.03

良いパフォーマンスをしている時のトップアスリートは、上手に股関節が使えている。

「そのような動きを獲得できるマシンを開発したい」そのような朝原宣治氏の思いから、ヒップ特化型のトレーニングマシン『ヒップアンカー』は誕生した。

ヒップ特化型のトレーニングマシン「ヒップアンカー」

「股関節を上手に使えているアスリートは、無駄な膝や足首の動きが生じていない。それならば、膝下や足首を強制的に固定することで、股関節を上手に使うことを学習させるトレーニングマシンを作れるのではないか?」このようなアイディアを具現化したのが、ヒップ特化型の新トレーニングマシン「ヒップアンカー」だ。

初心者から上級者まで、レベルに合わせたヒップトレーニングが可能

スクワットは、トレーニングの代表的なエクササイズであるが故に、初心者が誤ったフォームでスクワットトレーニングを続けると、膝に負担がかかって障害の原因になる。

ヒップアンカーは、単に膝や足首を固定するだけではなく、膝下の角度を調整できるため、「股関節が使いやすいポジション」でスクワットができる。このように、トレーニング初心者でも簡単に「ヒップトレーニング」が可能になる。

また、片脚で体幹と下半身の協調性を高めながら、軸足で支えるようなエクササイズでは、筋力と柔軟性のバランスが鍛えられ、がっつり「ヒップ」に効くだけではなく、走力に直結するような身体の使い方を学習できるのもポイント。

日常生活や走る動作に近いフォームでのエクササイズが可能

 

日本人は、欧米人に比べて骨盤が後傾気味の人が多く、結果として股関節を上手に使うのが苦手な人が多いと言われている。「ヒップアンカー」は、「日常生活や歩行動作に近い、立った状態でお尻を鍛えるトレーニングが多く取り揃えられている。

そのため、「走力アップ」「美尻・美脚」「障害予防」を目的としたトレーニングが、この小さいトレーニングマシン1台で同時に行うことができる。

製品概要
大きさ: 幅:720×奥行:1,020×高さ:740mm
重量:66kg
※キャスター付きのため、転がしての移動が可能
革のカラー:レッド
※希望により、有料で変更可能
価格:24万円(税抜)

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。