人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

使ってる?ネット上の流行が一目でわかるGoogleトレンド活用術

2019.09.09

インターネットでキーワードを検索する際には「検索エンジン」というシステムを利用しています。検索エンジンはいくつか種類がありますが、中でも世界で1番利用されているのがご存じ「Google」です。今回はそんなGoogleで多くの人が検索している“トレンド”を確認する方法を紹介していきます。

【参照】創業から20年で世界を代表する企業になったGoogleの知られざる歴史

過去~現在のネットの流行りがわかる! Googleトレンドとは?

Googleトレンドとは、2006年にGoogle社が公開を開始したサービスです。場所を指定すれば、その場所で今、何がトレンドワードになっているのか知ることができます。また、キーワードを入力すれば、そのキーワードがどれくらい調べられているのか、グラフで分かりやすく可視化してくれます。また現在の動向だけでなく、過去(最古2004年)に遡ってトレンドを確認できます。

自分の好きな人や物事がトレンドになっているのかどうかを調べて楽しむこともできますが、情報収集のためのツールや広告を打つさいの参考として利用することも可能です。

そもそもトレンドワードとは何?

トレンドワードとは流行または趨勢(すうせい)という意味。つまりトレンドワードとは、「今、流行っている言葉」という意味です。

誰でもかんたんにサーチできる! Googleトレンドの使い方

それではさっそく、Googleトレンドを利用してみましょう!

まずはGoogleトレンドにアクセスしてください。「検索キーワードまたはトピックを入力」とありますので、こちらに好きな言葉を入力してください。ちなみに画面右上には、サーチする国(地域)が表示されています。こちらを変更すれば、海外のトレンドを知ることもできます。

1:入力したキーワードです。
2:1とは異なるキーワードを比較したい場合は、こちらに入力してください。
3:1で入力したキーワードの人気(検索)動向をグラフ化したものです。

また1の下の▼タブをクリックすれば、国(地域)/期間/カテゴリなどを指定してグラフに表示できます。

Googleトレンドで検索された数は確認できる?

Googleトレンドでは、検索数は表示されません。グラフで示されている数値は、相対的な数字で、人気度のMAX(そのキーワードがもっとも検索された年月)を100とした時の表示になっています。

最も調べられたキーワードは? Googleトレンドランキング!

あなたの好きなキーワードがどれくらい調べられているのかわかったところで、今度は過去にトレンドとなったキーワードをみていきましょう!

2018年最も検索されたキーワードは? Googleトレンドランキング

Googleトレンドは、過去にトレンドランキング上記になったキーワードを、年別にまとめています。ちなみに2018年のトレンドランキングは以下のようになっています。

【参照】Googleトレンドランキング(2018年)

ランキングはジャンル別に分かれています。「話題の人部門(総合/男女)」・「〇〇とは」・「映画」・「〇〇仕組み」・「ドラマ」など、様々なトレンドランキングを確認できます。

2019年に最も検索されるであろうキーワードは何?

残念ながら現在(2019年8月下旬)時点で2019年のトレンドランキングは確認できません。しかし2018年のランキング動向から推察すると「世間を賑わせた人」や「世界規模のイベント(スポーツ)」、「経済や労働・政治に関するキーワード」がトレントランキングのトップになるかもしれません。

都道府県別で Googleトレンドのランキング見られる?

2019年8月、都道府県別にトレンドランキングは確認できないようです。しかし1つのキーワードを調べて、そのキーワードがどの都道府県でもっとも調べられているのかは確認できます。

※価格等のデータは2019年8月末時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※サービスのご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/高沢タケル

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。