人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親の面倒は誰が見るべき?準備不足で後悔したことは?離職は考えるべき?自分事として考えたい介護問題

2019.09.07

高齢化社会への移行が加速している今、親の介護は誰もが避けては通れない問題となっている。みんなはどうやって対応しているのだろうか。@DIMEから関連記事をいくつか紹介しよう。

避けては通れない親の介護問題

親の介護は誰がやるべき?40代、50代の子世代の多数派意見は

多くの家庭にのしかかる介護の問題。親の介護をした人と、これからするかも知れない人、さらに、介護されるかも知れない人たちは、この問題をどのようにとらえているのだろうか? そこで今回、アクサ生命保険による、親を持つ40歳~59歳の男女と、子どもがいて介護された経験がない60歳~79歳の男女、合計1000名を対象にしたアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/759389/

介護経験がある30代~50代の男女に聞く、準備不足で後悔したこと

突然、親が「要介護状態」に。いつかくる日に備えて、介護に関する知識はしっかりと身につけておくことは大切だ。 そこで今回、在宅医療マッサージが運営する”ドクターネイル爪革命”は、親御様の介護経験がある30代~50代の男女を対象に「介護に関するアンケート」を実施した。介護に関する意識や、身につけておくべき知識など、ぜひご参考にしてほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/706976/

巻き込まれた老後のトラブル、3位「病気・入院・介護」、2位「不動産」、1位は?

65歳以上の人口が全人口に対して7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼ばれる。 日本では、すでに2010年に超高齢社会へ突入。今後も高齢者の割合は増え続けると予想されているが、そんな中で、老後の準備が十分にできていない人も増えていくことだろう。 今回、その実態が明らかになった、日本法規情報による「老後の備えに対する意識」についての調査結果を紹介していく。

【参考】https://dime.jp/genre/651531/

「考えたことがある」人は2割、社会問題化する介護離職の実態

近年、家族や親族の介護を理由に仕事を辞める「介護離職」が問題視されている。 内閣府の調査によると、介護や看護を理由とした離職・転職者は年間10万人を超え、予備軍は100万人とも推測。また、総務省によると、介護離職者のうち再就職できた人は43.8%で、半数以上の人が復帰できていないという結果が発表されている。

【参考】https://dime.jp/genre/700014/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。