人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

増税前に見直したい出費ランキング、3位公共料金、2位携帯代、1位は?

2019.08.31

今年10月からスタートする消費税10%への引き上げ。わずか2%、されど2%……この微差が大差を生むであろう増税を前に、対策を講じている人も多いことだろう。

このほど、OCN モバイルONEによる、全国の 20代~50 代の働男女600名を対象にした増税対策に関する意識調査が行われた。すると、増税前に見直したい出費上位の「食費」「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」「公共料金」の内、高収入者ほど「携帯代」に対する節約の意識が高いことなどが明らかになった。

2019年の消費税増税時に、出費を見直したいと考えている人は半数近くの47.8%!

2019年10月に消費税が10%に増税するにあたり、「普段の出費で見直したいものがある」と答えた人は47.8%と、約半数近くもの人が増税前に出費の見直しを考えていることが判明した。<表1>

前回2014年の消費税増税時に出費を見直した人が28.3%であったことと比較すると、大幅に増加しており、増税対策への意識が高まっていることが明らかに。<表2>

2019年の消費税増税時に、見直したい出費は「携帯代(通信費・機種・プラン含む)<47.0%>」

2019年の消費税増税のタイミングで、出費を見直したいものがあると答えた人に、具体的に見直したい出費を尋ねる調査が行われたところ、「食費」(62.4%)、「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」(47.0%)、「公共料金」(30.3%)が上位にランクインした。<表3>

家計の中で大きな割合を占める食費を削減したいと考える人が多い一方、職業が経営者・役員の人は、75.0%もの人が「携帯代(通信費・機種・プラン含む)」を見直したいと回答し、「食費」を押さえて第1位という結果に。経営層は携帯料金を意識している人が非常に多いことが判明した。

見直したい出費のうち、携帯代(通信費・機種・プラン含む)を見直せていない理由、第1位は『調べるのが面倒くさい』

携帯代(通信費・機種・プラン含む)を見直したいと思っているにも関わらず、見直せていない理由は、第1位「調べるのが面倒くさい」(43.0%)、第2位「仕組みがわからない(難しそう)」、「現状より安いプランを知らない(最適なプランがわからない)」(共に 33.3%)となった。<表5>

見直したいと思っているものの、具体的な行動に移せていない理由として、携帯電話の料金プランが難解だと感じる人が多いことが伺える。

現在、大手携帯電話各社・格安スマートフォン各社が様々なプランを打ち出しており、何をポイントに比較すべきかといった判断基準が不明瞭なことが背景として挙げられるだろう。

格安 SIM・格安スマホの使用率を世帯年収別で見ると、世帯年収1,000万円以上の人では 43.1%と、高収入者ほど使用率が高い結果に

格安 SIM・格安スマホの認知度80.0%に対し、使用率が35.0%と、「知っているが使っていない」という人が多い結果に。現在利用しているサービスから乗り換えることに対してハードルを感じている人が多いようだ。<表6>

また、世帯年収別で見ると、世帯年収1,000万円以上の人のうち、格安 SIM・格安スマホを使っている人は 43.1%と、全体の使用率 35.0%を上回り、高収入者ほど節約の意識が高いことが明らかになった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。