人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ヘルステック」の浸透によって人生100年時代は到来するか?

2019.08.30

人工知能(AI)の発展で、近年「○○テック」という言葉をよく見かけるようになった。『ヘルステック』はヘルス(健康)とテクノロジー(技術)を組み合わせた造語で、AIやIoT(モノのインターネット)、モバイル(スマートフォンやタブレット)などのテクノロジーを活用した新しい医療やヘルスケアのサービス・創造を指す。

AIによる画像診断システムや手術用ロボットなどが思い浮かぶが、予防医療の分野でも大きな変革をもたらしている。

そんな「ヘルステック」について三井住友DSアセットマネジメントがマーケットレポートを公開したので紹介しよう。

【ポイント1】 『ヘルステック』と「高齢化社会」

医療・介護サービスの人手不足や加齢による疾患の予防などに対応

高齢化社会では、医療・介護サービスの人手不足や加齢による疾患の予防などへの対応が急がれており、日本でも既にAIやIoTを活用した新しい医療が始まっている。

政府も「AIホスピタル計画」を進めており、昨年10月には参画する医療機関や企業が発表されるなど、『ヘルステック』を利用した様々なプロジェクトの発表や実証実験が行なわれている。

そのような中、予防医療分野での『ヘルステック』の活用が注目されている。特に日本のように顕著に高齢化が進んでいる社会では、アルツハイマー型認知症やがんなどの加齢による疾患を防ぐことや、緊急を要する脳梗塞や急性腎障害などの危険な兆候をいち早く検知する、といった役割が期待されている。

【ポイント2】「病気を治す」から「病気にならない」へ

事後的でなく、能動的な医療をめざす

身近なものでは、高齢者の健康状態のデータや位置情報をAIで管理・分析するウエアラブル(腕時計のように身に着けるコンピューター)が注目される。

日々の生活データから異常を予測・検知し、転倒や急な病気だけでなく、うつ病などの早期発見が可能になるとみられている。

今夏、米大手通信企業がスマートフォンやウエアラブルによる行動データから、認知症の早期発見の研究を行なっていると報じられた。

認知症は軽度の段階で治療すれば回復率が高いと言われている。認知症検査をためらううちに発症してしまうことも多いとみられ、手軽で使いやすいサービスがあれば需要は高いと思われる。

【今後の展開】健康寿命を延ばす『ヘルステック』企業の活躍に期待

日本人の平均寿命も80歳を超え、「人生100年時代」がより現実的になってきた。それと同時に人々の意識もこれまでの「長生きしたい」から、元気に長生きしたい=「健康寿命を延ばしたい」にレベルアップしている。

加齢による様々な健康障害やケガ、認知症などにかかるリスクを予防する、新たなサービスや製品を生み出す『ヘルステック』の進展が期待され、それに伴って関連企業が大きく成長することが見込まれる。

関連情報:https://www.smd-am.co.jp/market/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。