人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

投資を始める前に覚えておきたい金融用語「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」

2019.10.04

キャピタルゲインとは、投資における資産の売買に関し、重要な意味を持つ金融用語です。常にセットで語られるインカムゲインと併せて、投資初心者が理解すべき概念といえるでしょう。キャピタルゲインの概要やメリットについて分かりやすく解説します。

キャピタルゲインとは?

投資を始める前に理解しておきたいキャピタルゲインについて、基礎知識や計算方法を解説します。

金融資産の売買差益

『キャピタルゲイン』とは、保有している金融資産を売却することで得られる『売買差益』のことを指します。

例えば、20万円の株価で購入した株式を、株価が25万円になった時点で売却した場合、5万円の差額が儲けとして得られます。

株式や債券をはじめ、不動産や金・プラチナなどの貴金属も、キャピタルゲインを得られる金融資産です。

株式の信用取引を活用し空売りで得た利益も該当します。また、売却時に損失が出た場合、その損失を『キャピタルロス』といいます。

キャピタルゲインの考え方

一般的に、資産運用の際には手数料や税金が発生するため、正確に計算する場合は、売却益から手数料や税金も差し引く必要があります。

例えば、株式投資の場合、売却益から購入費だけでなく、手数料と税金も合わせて引いたものがキャピタルゲインとなります。

特に、株式投資においては、差し引かれる税金を留意しておくことが大切です。株式投資では、所得税・住民税・復興特別所得税が合わせて約20%課税されます。

所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%がそれぞれの内訳となっており、復興特別所得税は2037年まで課税されます。

ただし、キャピタルロスが発生した場合、これらの税金は課されません。

キャピタルゲインのメリットとデメリット

キャピタルゲインは大きな利益を得られる可能性を秘めている反面、デメリットとしてリスクもはらんでいます。節税対策と併せて理解しておきましょう。

大きな利益を得ることができる

キャピタルゲインのメリットは、大きな利益を得られる可能性がある点が挙げられます。

株式やFXなど、キャピタルゲインの獲得を主な目的としている投資なら、やり方次第で大きな利益を得ることも可能です。

名の知れたデイトレーダーや投資家の中には、株式の売買により短期間で数千万円もの大金を稼ぐ人もいるほどです。

失敗すれば逆に多大な損失を被るリスクもはらんでいるものの、大きな利益を狙えることは魅力だといえます。

安定して獲得するのは難しい

株式投資でキャピタルゲインを狙う場合は、株主優待や配当といった安定的な利益より、株価の値上がりを重視します。

しかし、企業の取り組みや社会情勢などの情報を基に、相場の動向を的確に読むスキルが求められるため、安定した利益を獲得することは難しいといえるでしょう。

一定レベル以上のスキルを習得するにはある程度の手間がかかるうえ、リスクに備えた資金準備も素人が簡単にできることではありません。

万が一、保有株が大きく値下がりした場合は、そのまま保有し続けて配当をもらいながら株価の回復を待つ必要がありますが、株価が戻らない場合は配当での損失補填も追いつかず、諦めて売却すればキャピタルロスが発生してしまいます。

キャピタルゲイン狙いの投資は不確実な投資方法と心得ておきましょう。

節税にも気を付ける必要がある

キャピタルゲインには住民税や所得税などが課税されます。節税対策を考慮することで、不要な出費を抑えられるでしょう。

得た利益の額や職種により、課税対象となる最低額が異なるため、税務署で確認したり、税理士に相談したりすることがおすすめです。

また、個人投資家向けの税制優遇制度『NISA』を運用すれば、毎年120万円までの投資に対し、そこから得られる利益が非課税となります。

非課税の対象となる利益額は無制限と定められているため、利益が多いほど本来課税されるはずの金額も多くなり、結果として得られる恩恵もより大きくなります。

キャピタルゲインとインカムゲイン

キャピタルゲインと常にセットで語られるインカムゲインとは何なのか、概要や投資における考え方などを理解しましょう。

そもそもインカムゲインとは?

『インカムゲイン』とは、資産を保有し続けることにより得られる利益のことを指します。

キャピタルゲインが『キャピタル(資産)』による利益であるのに対し、インカムゲインは『インカム(収入)』による利益です。

例えば、保有している資産が不動産の場合は、不動産から得られる家賃収入がインカムゲインに該当します。

また、株式の場合は、所有していることによって得られる配当や預金の際に得られる利子、配当とは別に自社製品やサービスなどを株主に提供する株主優待がインカムゲインです。

インカムゲインは長期的に考える

インカムゲインの魅力は、安定的に利益を得られることです。

一度に得られる利益は大きくなりにくいものの、相場の影響を受けにくいためリスクが少なく、ある程度は放置しておくことも可能です。

また、長期で保有し続けることで大きな利益になる可能性もあるため、より長期投資に向く投資方法といえるでしょう。

ただし、ある程度の利益を得るためには一定以上の資金力が求められることや、配当利回りだけを見て投資すると思わぬ損が発生する可能性があることなど、発生し得るリスクはしっかりと把握する必要があります。

文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。