人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

リアルな動物たちの姿に感動必至!大自然を満喫したい人におすすめのサファリの宿6選

2019.08.28

ライオンにゾウ、サイにシマウマなど……

多くの人がこれらの動物を図鑑やVTR、あるいは動物園にて見たことがあるだろう。しかし一生に一度は彼らの生息地であるアフリカへ赴き、たくましく躍動するその姿を目撃してみたくはないだろうか?

そこで今回、世界最大級の宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が厳選したアフリカの大自然を満喫できるサファリの宿6選を紹介していきたい。

アマカーラ・ゲーム・リザーブ(南アフリカ)

ブッキング・ドットコムのユーザーにサファリのテーマで高く評価されているアマカーラ・ゲーム・リザーブなら、大自然を満喫できること間違いなし。

南アフリカは東ケープ州にあるこの保護区では、 野生動物がかつて自由に暮らしていたエリアに動物たちを戻す、というユニークな保護活動を行っており、このエリアの自然保護に大いに貢献している。

保護区内にはいくつか宿泊施設があり、 日中にはサファリを体験することができ、 現地コミュニティの無職の人がお土産やギフトを作って収入を得る機会が設けられている工房もある。

滞在先:周囲一面に木々のパノラマビューが広がるブケラ・ゲーム・ロッジ - アマカーラ・ゲーム・リザーブは、大自然を満喫した後にリラックスするのには最適な場所。

ロッジにはダイニングがあり、野生動物を観察するチャンスや1日2回のゲームドライブを提供している。また、 館内全体にこの地ならではの装飾が施され、屋外にはプールもある。 (クチコミスコア10点満点中、 9.4点を獲得)

アルーシャ(タンザニア)

ブッキング・ドットコムのユーザーに高く評価されているアルーシャは、 メルー山のふもとにあるタンザニアの都市で、水牛、ウォーターバック、キリン、イボイノシシ、シマウマ、ヒヒが生息する国立公園がある。

公園内には、直径20kmほどの巨大なカルデラとして知られるンゴロンゴロ・クレーターやマニャラ湖があり、運が良ければアフリカのビッグ5と呼ばれるライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、アフリカスイギュウを見ることもできる。

また、サファリもさることながら、アルーシャは活気あふれるナイトライフでも知られている。

滞在先:マンボ・アルーシャ・ホステルは、サファリを一日中楽しんだ後の拠点としては最適な宿の一つ、屋外に美しい庭のある閑静なホステルで、共用ラウンジ、共用のドームルーム、個室の部屋がある。

ホステルは街から車ですぐの場所にあり、 サイクリング好きには嬉しい自転車レンタルも提供している。 (クチコミスコア10点満点中、 9.4点を獲得)

ナムトニ(ナミビア)

ナミビアのナムトニは、ブッキング・ドットコムのユーザーから「本格的なサファリ・ステイ」のテーマで高く評価されている。

ナミビアの国立公園「エトスハ・ナツィオナル・パーク」の中にあり、 自由に動物が行き来するフェンスの内側に入ることができ、ユニークな景色を見ることができるキング・ネハレ・ウォーターホール(The King Nehale Waterhole)(水飲み場)もある。

滞在先:館内全体にナミビアの工芸品や布製品による装飾が施されたモクティ・エトスハ・ロッジは、エトスハ・ナツィオナル・パークの東のフォン・リンデクイスト門から車ですぐの場所にあり、2つの屋外プール、テニスコート、スパを提供している。

敷地内にあるオープンエアのボマレストランでは、藁ぶき屋根にシャンデリアが吊るされた空間でアフリカン・グリルを楽しむことができる。(クチコミスコア10点満点中、 8.8点を獲得)

ピラネスバーグ(南アフリカ)

すでに死火山となっているクレーターの中にあるピラネスバーク国立公園は、南アフリカの公園の中でも最大規模で、ブッキング・ドットコムのユーザーにより「サファリ」のテーマでもっとも高く評価されている場所のひとつ。

ヨハネスブルグとプレトリアからはわずか2時間ほどの場所にあり、アフリカのビッグ5と呼ばれる動物を目にしようとやってくる旅行者に人気だ。ガイド付きまたは無しのゲームドライブでは約200kmもの距離を移動し、道中に複数ある隠れ場所から動物をより近くで観察できる。

滞在先:アフリカン・エレガンス・テンテッド・ロッジはボスフックにある宿泊施設。 シーティングエリアと専用バスルームの備わるラグジュアリーなテントを提供しており、南アフリカの伝統文化に興味のある旅行者にはうってつけのレセディ文化村を見に行くならピッタリの拠点だ。(クチコミスコア10点満点中、 8.8点を獲得)

セロネラ(タンザニア)

多くの映画にインスピレーションを与えてきたセロネラの草原は、タンザニア北部にあるセレンゲティ国立公園の主要な3つのエリアのひとつの中にある。

毎年、ヌー、 シマウマ、ワニ、ラーテルらが大移動することでもよく知られている。 7月~9月がベストシーズンで、旅行者向けに数多くのサファリが行われている。

セレンゲティ国立公園のはずれでは、ムトワムブという農業で盛んな町やボマで暮らすコミュニティと現地の生活を体験することができる。

2019年に行われたブッキング・ドットコムのブースタープログラムで、200万ユーロの助成金を獲得したスタートアップ企業、 I Like Localでは、 マサイ族の伝統的な生活を学び、 体験できるプログラムを提供している。

滞在先:野生動物に囲まれた生活を体験してみたいのなら、マピト・テンテッド・キャンプ・セレンゲティがオススメ。絶景に囲まれたオールインクルーシブのラグジュアリーテントで大自然を満喫し、セレンゲティへの旅を忘れない思い出にしよう。(クチコミスコア10点満点中、 8.6点を獲得)

ライキピア(ケニヤ)

ケニヤにあるライキピア・カウンティは、映画のインスピレーションとなったエリアで、もしサファリの動物に関する映画を見たことがあれば、見覚えがある場所だろう。

ライキピアには、クロサイ、グレイビーシマウマ、リカオン、2,000頭以上の象など、数々の絶滅危惧種が生息している。数多くのサファリのオプションがあるだけでなく、様々な環境保護プログラムや教育プログラムもあり、旅行者は野生生物の保護活動について学ぶことができる。

滞在先:ライキピア・カウンティからわずか数時間ほどのフェアモント・マウント・ケニヤ・サファリ・クラブでは、ラグジュアリーなサファリを体験することができる。

マウント・ケニア国立公園のはずれにある緑豊かな場所にあり、子供用のプレイエリア、テニスコート、全年齢対象のサイクリングも提供しているので、 子供連れの旅行者の方にピッタリだ。(クチコミスコア10点満点中、 8.6点を獲得)

出典元:ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。