人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初心者でも弾きやすい!スタイリッシュなヤマハのアコースティックギター「STORIA」

2019.08.23

ヤマハの アコースティックギター『STORIAシリーズ』は、ギターを弾いてみたい気持ちに寄り添い、ギターをもっと身近なものとして感じられる演奏性やデザインを追求したモデル。

「ギターを演奏してみたい、自分のそばにギターを置いておきたい」というニーズに応え、弾きやすさと個々のライフスタイルに馴染むデザインを追求した新シリーズを紹介しよう。

ヤマハのアコースティックギター『STORIA』

1.徹底的にこだわった弾きやすさ

ボディが薄く小ぶりなフォークタイプのボディに短めの弦長を組み合わせ、高い演奏性を実現した。ネックは通常よりやや短い634mmスケール、やや低めの弦高を採用し、細めのネック形状と併せてこれからギターを始める人にも握りやすい仕様となっている。

『STORIA II』では表板のエッジに面取り加工を施し、丸みを帯びた外観を印象付けるとともに、演奏時に腕が触れる際の感触を和らげる。

2.多様なライフスタイルに馴染む3つのデザイン

3つのモデルそれぞれ表板の色味、塗装仕上げによる質感を変え、インテリアにマッチさせやすいデザインを用意した。

『STORIA I』は、オフホワイトの表板にシックなライトブルーのインナーカラーを、『STORIA II』では、ナチュラルの表板に鮮やかなウルトラマリンのインナーカラーを、『STORIA III』では、チョコレートブラウンの表板に渋みのあるワインレッドのインナーカラーを組み合わせている。

サウンドホールにはワンポイントアクセントの効いたインレイを施し、ペグの他、ストラップピンなどの各部パーツは華やかで品のあるシャンパンゴールドカラーを基調に統一した。

3.好みに合わせて選べる3つのサウンドキャラクター

『STORIA I』は表板にスプルース材を使用し、粒立ちの良い明るいサウンドを実現した。『STORIA II』、『STORIA III』は表板にマホガニー材を使用し、共にあたたかみとふくよかさを併せ持ちながら、塗装仕上げの違いによってそれぞれ異なるサウンド特性を生み出す。

『STORIAシリーズ』には、パッシブタイプのピックアップを内蔵しており、アコースティックギターとしての使用だけでなく、エレクトリックアコースティックギターとしても演奏できる仕様となっている。価格は55,000円となりヤマハから発売中。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。