人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

横浜でピカチュウが大量発生!その時、何が起こった?

2019.08.23

新たに色違いが加わったポケモンも大量に出現した「ポケモンGOフェスト」

同時に、開催されているポケモンGOフェストは、ポケモンGOから申し込めるイベントで、当選者のみが参加することが可能だ。当選者にはイベント開催前に通知が来て、そのまま会場に入ると、特別なポケモンが出現したり、専用のフィールドリサーチが楽しめるようになっていた。臨港パーク、赤レンガパーク、山下公園の3か所が対応エリアとなっており、それぞれに氷のエリア、水のエリア、空のエリアがあり、それぞれに対応したポケモンが登場した。イベントでのみ登場するポケモンとして、初出となるペラップやレア度が高いポケモン、アンノーンが登場。他にもレア度が高いポケモンであるアブソルやラプラス、トゲチックなども出現。ニョロモやニューラなど、新たに色違いが加わったポケモンが大量に出現したので、色違いゲットのチャンスも格段にアップしていた。ちなみにアンノーンのアルファベットの種類は「WAKE UP!」の7文字。国内のイベントでは、WとPが初出となる。

臨港パークエリア。大きな木の影に集まり、ポケモン捕獲に勤しんでいます。

赤レンガパーク。巨大ピカチュウのバルーンと赤レンガの組み合わせが秀逸。

山下公園。ポケモンGOの歴代起動画面のパネルが並んでいます。

山下公園では、リーダーとの撮影スポットも。

ポケモンGOフェストで初登場となったペラップ。

アンノーンのP。

アブソルが野生で出現。しかも、かなり高確率で出現した。

ニューラの色違いも登場。

会場に設置された特設ポケストップは、GOスナップショットで応募された作品を使用。

水、氷、空の各エリアでAR撮影をすると、プリンやドータクン、コロトックなどが映り込み、捕獲することができた。

フィールドリサーチでは、先だって行われたポケモンGOフェストのシカゴやドルトムントでの開催と同様にジラーチのリサーチが登場し、いち早く獲得することができた。

ポケモンGOフェストとピカチュウ大量発生チュウの同時開催は2年前にも一度行われていたが、その時は参加が抽選方式ではなく、誰でも参加できたため、みなとみらいの許容量を超える来場者が訪れ、道は混雑し、通信障害が発生するほどだった。

今回のポケモンGOフェストは、抽選で当選したトレーナーのみの参加だったので、そこまでの混雑はなかったが、その分、当選できなかった人からの不満の声も上がっていた。このあたりは数万人規模が参加するイベントで、人口密度の高い首都圏の観光地での開催では、すべての要望に応えるのは難しいので、現状では最適解だったのではないだろうか。当選者を尻目にレアポケモンがでないポケモンGOをプレイするのは、たしかに厳しいものがあるが、各エリアには撮影スポットもあり、観ているだけでも楽しめる要素はふんだんにあった。

ピカチュウ大量発生チュウのステージイベントも夕方から夜にかけてがほとんどで、ポケモンGOフェストが17時までとなっていたので、そのあたりの住み分けもできており、2年前の対策が十分に練られていた。ピカチュウ大量発生チュウとポケモンGOフェストは、会期も長く、エリアも大きかったので、これ以上の期間や会場を望むのは難しいことはわかっているが、もう少し参加できる人数を増やして欲しいところだ。

水、氷、空をイメージしたフォトスポット。臨港パーク、赤レンガパーク、山下公園のすべての場所に用意されていた。

取材・文/岡安学

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。