人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一人暮らし用からファミリー向けまでラインナップ充実!ダイソンのおすすめ掃除機9選

2019.08.22

イギリスの電気機器メーカー「ダイソン(Dyson)」の掃除機は、吸引力の強さとその持続性が特徴の一つ。日本でも高い人気を誇り、「欲しい掃除機と言えばダイソン」とその名前を挙げる方も多いだろう。

本記事では、ダイソンの掃除機の中から特におすすめのモデルを紹介する。価格の安さを重視するのか、機能を重視するのか、それぞれの特徴を比較して最適なモデルを見つけてみよう。

【目次】

価格の安いダイソン掃除機

一人暮らし向けのダイソン掃除機

ファミリー向けのダイソンおすすめモデル

価格の安いダイソン掃除機

はじめに、ダイソンの商品の中でも価格の安いおすすめモデルを紹介する。「ダイソンの実力を試してみたい」という方は、ここで紹介するものから試してみるのもいいだろう。

ダイソン DC61 V6 Trigger Pro

ダイソン DC61 V6 Trigger Pro

ダイソンDC61 V6 Trigger Proは、低価格なコードレスハンディクリーナー。内側の24個のサイクロンが同時に機能する特許技術「2 Tier Radial(ティアーラジアル)サイクロンテクノロジー」を採用している。限定商品なので、見つけたら早めに購入するのがおすすめ。

出典 公式サイト|ダイソン DC61 V6 Trigger Pro

ダイソン Dyson V7 Fluffy SV11FF 2017年モデル

ダイソン Dyson V7 Fluffy SV11FF 2017年モデル

ダイソン Dyson V7 Fluffy SV11FF 2017年モデルは、ハンディクリーナーとしても使用できる2WAY仕様。ハンディタイプに切り替えれば、強力な布団クリーナーとしても活躍する。運転時間は最長で30分(モーター駆動のヘッド仕様時は20分)ほど。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson V7 Fluffy SV11FF 2017年モデル

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイソン DC48 タービンヘッド

ダイソン DC48 タービンヘッド

ダイソン DC48 タービンヘッドは、軽量でコンパクトサイズなモデル。本体の重量はわずか2.7kgと軽く、ストレスなく掃除ができる。ダイソン デジタルモーターV4を搭載し、カーペット・フローリング問わずゴミやホコリをしっかりと取り除く。

出典 公式サイト|ダイソン DC48 タービンヘッド

一人暮らし向けのダイソン掃除機

ここでは、一人暮らし向けのダイソン掃除機を紹介する。掃除機を収納するスペースが狭い方は、コンパクトタイプやハンディクリーナーを選ぶのがいいだろう。

ダイソン Dyson Cyclone V10

ダイソン Dyson Cyclone V10

ダイソン Dyson Cyclone V10は、お手入れのしやすさが魅力の一つ。ゴミやホコリに触れることなく、簡単にゴミ捨てができる。ハンディクリーナーに切り替えれば、布団やソファ、車の掃除にも活躍する1台。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson Cyclone V10

ダイソン Dyson V7 Mattress

ダイソン Dyson V7 Mattress

ダイソン Dyson V7 Mattressは、バッテリー駆動のモデル。1度の充電(3.5時間)で、通常モードではおよそ30分、強モードでは6分間使用できる。

ミニソフトブラシやフトンツールを使えば、より幅広いシーンで活躍する1台に。運転音が低減されているのもポイント。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson V7 Mattress

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイソン Dyson V7 Triggerpro

ダイソン Dyson V7 Triggerpro

ダイソン Dyson V7 Triggerproは、車での使用に最適なモデル。車内のシガーソケットからバッテリー充電ができるため、「車内用」として常備しておくのもおすすめだ。ミニソフトブラシを使えば、デリケートな表面のホコリを優しく掃除できる。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson V7 Triggerpro

 

アマゾンでの購入はこちらから

ファミリー向けのダイソンおすすめモデル

最後に、ファミリー向けのダイソンのおすすめモデルを紹介する。掃除する部屋数が多い方や小さいお子さんがいる方は、ここで紹介するものを参考にしよう。

ダイソン Dyson V4 Digital Absolute

ダイソン Dyson V4 Digital Absolute

ダイソン Dyson V4 Digital Absoluteは、フィルターが水洗いできるタイプ。お手入れは年に1回フィルターを洗浄するだけなので、手間がかからず経済的に使い続けられる。

セルフライティング機能により、移動中に倒れても自動で起き上がるため、掃除中のストレスもない。ハンドル部分が360°回転するのもポイント。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson V4 Digital Absolute

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイソン Dyson 360 Heurist

ダイソン Dyson 360 Heurist

ダイソン Dyson 360 Heuristは、2019年に発売されたロボット掃除機。Dyson Linkアプリを使えば、外出先から「お掃除記録」を確認もできる。3つの運転モード(静音・通常・強)の切り替えも可能。

0.3ミクロンの微細な粒子を99.97%捕らえながら、排出される空気がキレイなのも魅力。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson 360 Heurist

 

アマゾンでの購入はこちらから

ダイソン Dyson V8 Fluffy+

ダイソン Dyson V8 Fluffy+

ダイソン Dyson V8 Fluffy+は、安定したパワー供給が魅力のモデル。運転時間は最長で40分ほどと長く、吸引力が変わることもない。「アップトップアダプター」を使えば、手の届きにくい場所の掃除もしやすくなる。

出典 公式サイト|ダイソン Dyson V8 Fluffy+

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/oki

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。