人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

香り高く、甘みのある料亭のようなごはんが楽しめるタイガーの土鍋圧力IH炊飯ジャー「土鍋ご泡火炊きJPG-S100」

2019.08.22

タイガー魔法瓶の土鍋圧力IH炊飯ジャー『土鍋ご泡火(ほうび)炊き JPG-S100』は、最適なタイミングで丁寧に炊きあげる、料亭のようなごはんがご家庭で楽しめる「一合料亭炊き」を採用している。

通常、5.5合炊きで1合を炊飯すると、炊飯空間が広すぎるためお米一粒ひと粒に熱が均等に伝わりにくくなる。「一合料亭炊き」では専用の土鍋中ぶたを用いることで炊飯空間を物理的に小さくし、一合炊きに最適な空間で炊きあげ、香り高く、甘みのあるごはんに仕上げる。

食感と甘みで“一合”を極める「一合料亭炊き」を採用した土鍋圧力IH炊飯ジャー

内なべには本物の土からできた蓄熱性の高い「プレミアム本土鍋」を使用。最高温度約280度の土鍋の遠赤効果による輻射熱(ふくしゃねつ)で旨味をじっくりと引き出す。

さらに、土鍋ならではの細かい大量の泡がお米を包んで表面を守るため、お米同士がぶつかって傷つくことが少なく、旨味成分であるデンプンを閉じ込める。表面つややか、もっちりとした食感に炊きあげる。従来機種と比べて、しっかり感や弾力性がアップした。

「一合料亭炊き」では専用の土鍋中ぶたを用いて炊飯空間を小さくすることで、炊飯空間を1合に最適化し、お米に熱を均等に伝え、香り高く、甘みのあるごはんに仕上げる。1合に特化した「一合炊き」メニューを選択して炊飯。「一合料亭炊き」で炊くことで、従来機種に比べて弾力性が約10%※、粘りは約18%アップし、噛むほどに旨味を感じられるだろう。

内なべは陶器の本場・三重県四日市市の伝統工芸品「四日市萬古焼」を使用。細かい特別な土を使い、約1250度の高温で焼きあげた。新製品では新フッ素コーティングの開発により、沸とう維持工程で温度を上げて泡立ちを強めることが可能に。

また、内なべの強度は一般の市販の土鍋と比べて約2倍以上あり、万が一の場合でも内なべ割れ・フッ素コーティングのはがれに対して5年間の保証をつけており、安心して使うことができる。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。