人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

働きやすくなったのに業務量は増えて収入が減少した人が多数!「働きがい」に無影響な働き方改革の現状

2019.08.22

イトーキは、全国の従業員規模100名以上の働き方改革に取り組む企業に所属しているワーカー850名を対象に『働き方改革と働きがいに関する調査』を実施した。

同調査により、現状の働き方改革の成果として、企業側が法改正を発端とした労働時間の削減などに関する制度を設けることで「働きやすさ」の向上に対する一定の効果は出ていることが判明。

一方、労働時間の削減や短縮にスポットが当たったことにより、業務量の増加や収入の減少といった負担増を感じていることが分かった。

さらに、ワーカーの9割以上が「働きがい」を重要視していることからも、「働きやすさ」の次に企業が取り組むべき働き方改革のテーマは、ワーカーの「働きがい」を向上させることにスポットを当てた施策なのではないかと同社は推測している。

それでは調査結果の詳細を見てみよう。

働きやすくなったのに「業務量」は増加し「収入」が減少?

1.働き方改革は進展しているが、導入されている施策は「労働時間の削減」に関するものがメイン

「あなたのお勤め先の働き方改革は進んでいると思いますか?」という問いに「そう思う」と回答した人は55.8%で、過半数の人が勤務先で展開されている何らかの施策について進展がある、という実感を持っていることがわかった。

実際に、どのような施策が実施されているかについて聞いたところ、「休暇取得の推進」が84.0%と圧倒的に多く、次いで「残業禁止」や「フレックスタイム制の導入」、「早帰り日の設定」など労働時間に関する制度や取り組みが目立つ。

これらは4月に施行された「働き方改革関連法案」の影響によるものではないかと推測される。

2.働きやすさは改善したものの、ワーカー自身の仕事量や収入の負担は大きくなっている

働き方改革が進んでいると感じている人のうち、働き方改革によって「働きやすくなった」と感じている人は44.1%だった。

一方、自社の働き方改革が進んでいると回答した人に仕事量の増減について聞いたところ、仕事量が増えたと感じている人たちが減ったと感じている人たちの3.4倍もいることがわかった。

同様に、収入の増減についても聞いたところ、増えたと感じている人が減ったと感じている人の2.6倍ということが判明した。

3.現状の「働き方改革」は、ワーカーにとって大切な「働きがい」に影響していない!?

働く上で、「働きがい」は大切だと思うか聞いたところ、「そう思う」と答えた91.2%のうち、働き方改革によって「働きがい」が高まったと感じている人は34.2%にとどまるということが分かった。

 

調査概要
調査名称:「働き方改革と働きがいに関する調査」
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
調査期間:2019年5月9日(木)~5月13日(月)
調査対象:全国の従業員規模100名以上の働き方改革に取り組んでいる企業に
勤務する社会人経験3年以上の20代~50代の男女
回答数:850名

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。