人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

7割近くが経験あり!仕事で誰かに「振り回されている」と感じた理不尽エピソードあるある

2019.08.22

お盆休みも終わり、気づけば日常生活に逆戻り。もしかしたら、連休の間に自分自身のことを見つめ直し、「このまま、この仕事をしていて良いのだろうか……」と感じて、業務に身が入らない人もいるかもしれない。

そんな連休後の心持ちのリアルを含めた「夏休みと転職の実態調査」が今回、20歳~49歳で、現在会社勤めをしている男女1,000名を対象にして行われたので、その結果を紹介していきたい。

3人に1人は、夏休み・お盆休み明けに転職を考えたことがある。実家に帰る人の方が高い

夏休みなどの長期休みには自分の仕事や働き方、今後のキャリアを考える機会が増えるのではないだろうか?そこで会社員に対して、夏休み・お盆休み明けに退職や転職を考えたことがあるかどうか尋ねる調査が行われた。

すると、「何度もある(14.3%)」「何度かある(24.1%)」を合わせると、38.4%の人が、夏休み明けのタイミングで退職・転職を考えた経験があるということが明らかに。

また、夏休みやお盆休みはないという人や、実家に帰る頻度が少ない人を除いて、地元があり頻繁に夏休みに実家に帰る人と実家住まいの人とで比較すると、実家に帰る人の方が夏休み・お盆休み明けのタイミングで退職・転職を考える人が多いということが分かった。

次に、夏休み・お盆休み明けに退職や転職を考えたことがあると回答した人を対象に、その理由を尋ねる調査が行われた。

最も回答数が多かったのは「休み中に自分の働き方や今後を考え直したから(62.8%)」。続いて、「このまま休んでいたいと思ったから(30.5%)」「ボーナスが支給された後だから(24.2%)」「転職活動の時間が作れそうだから(24.2%)」に多くの回答が集まった。

長期休みで時間に余裕が生まれ自分自身の仕事や働き方について見直す時間があったことや、休みが続き体や生活リズムが休みに慣れてしまったこと、ボーナス支給などのタイミングが理由として挙げられた。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。