人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最大5000人が参加できるLINEの新機能「OpenChat」の使い方

2019.08.22

LINEがグループ機能を拡張した大型新機能『OpenChat』を段階的に公開を開始した。

『OpenChat』は幅広いコミュニケーションシーンでも便利・快適に利用できる次の5つの特長を備えている。

(1)トークルームごとにプロフィールを変更できるように

『OpenChat』は参加するトークルームごとにプロフィールの名前と写真を変更できる。

今「LINE」で使用しているプロフィールとは別のプロフィールを設定してトークに参加したい場合や、趣味やライフスタイルの共通点についてグループトークをしたいけれど「LINE」で友だちになる程ではない場合に最適。

なお、『OpenChat』のプロフィールの登録や更新は「LINE」に元々登録しているプロフィールに反映されることはない。

(2)管理人制度の導入

大人数でグループを作成した場合、グループトークを運営管理できることを望む声もあがっていた。

『OpenChat』には管理人制度を導入し、トークルーム作成者は管理者となり、NGワードを登録することができるアンチスパムボット機能などを活用しながら健全なトークルームを維持しつつ運営を進められる。管理者は共同管理者を最大100名まで指名することもできる。

(3)選べる3つの招待/参加方法

利用目的・用途に合った招待/参加方法を選べるよう、招待/参加方法は誰もが参加可能なトークルーム、管理者が参加を承認するトークルーム、参加コードの入力が必要なトークルームの3種類を設けた。招待/参加方法は途中で設定内容を変更することも可能。

(4)参加前のトーク履歴を確認できるように

グループトークに参加する前のトーク履歴を『OpenChat』では、参加前のトーク履歴を一定期間遡って見ることができる(テキスト:約180日、画像:約30日前)。情報収集にも役立ち、参加前のトークの内容や雰囲気を把握することでスムーズにグループトークに溶け込める。

(5)最大5,000人が参加可能

より幅広いシーンに対応できるよう、『OpenChat』は一つのトークルームに最大5,000名が参加できるようになった。グループトークの最大参加人数は500名でなので、10倍まで拡大されたことになる。

また、今後は各種サービスとの連携やコラボ企画なども実施。世界累計3億プレイヤーを突破した話題の大人気ゲーム「荒野行動」と『OpenChat』の連携を年内予定している。

『OpenChat』の利用はiOS でVer.9.12.0以上、AndroidでVer.9.13.0以上の「LINE」をインストールする必要がある。

関連情報:https://line.me/ja/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。