人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京2020オリンピック競技大会をツアーで観戦!通常観戦と違うメリットとは?

2019.08.20

東京2020オリンピック・パラリンピック開催まで、残り一年を切った。そろそろ観戦の計画を本格的に立てたい気になってくるが、自ら観戦チケットを入手して観戦するほかに、旅行会社が提供する観戦チケット付きのツアーに参加して観戦する方法もある。

東京2020年のオリンピック観戦ツアーを手掛けるKNT-CTホールディングスと東武トップツアーズのツアーの内容を参考に、そのメリットや特徴を探る。

東京2020オリンピック公式観戦ツアーとは

東京2020オリンピック公式観戦ツアーとは、観戦チケットと宿泊や交通機関、観光などがセットになったツアーのこと。

東京2020オリンピック競技大会の開催日程は2020年7月24日(金)~8月9日(日)。この期間中に、各所で行われる競技を観戦しつつ、宿泊や旅そのものを楽しむことができるツアーとなる.すでに各社は観戦ツアーの抽選販売をはじめており、当選すれば参加できるしくみになっていることが多い。

東京2020オリンピック公式観戦ツアーの例

KNT-CTホールディングス

観戦ツアーを販売する旅行会社のうちの一つ、KNT-CTホールディングスは、グループ会社の近畿日本ツーリスト、クラブツーリズムが企画した東京2020オリンピック公式観戦ツアーを販売する。

全33競技をコンプリート観戦する「全制覇」をテーマにしたツアーや、「柔道・体操・水泳・野球などの注目度の高い競技」と「東京ベイゾーンで開催される競技」の2競技2種目の観戦と都内ホテル泊がセットになった「コンボコース」、全国各エリア発着で合計27ツアーを予定している「添乗員同行ツアー」などがラインナップされた。

過去のオリンピック大会観戦ツアーで培ってきた経験をもとに、最寄駅から会場までの距離や競技会場には持ち込めない手荷物など、観戦ツアーの知恵が商品に活かされているのが特徴だ。

また、ツアー中、毎日都内のいくつかの場所で楽しめる企画も実施。VRやARといった最新技術を用いて、誰でも手軽にできる競技体験や、新競技や日本人にあまりなじみのない競技の観戦をすぐに楽しめるようにルールや技、選手の見どころや応援方法などをレクチャーする「みどころ解説セミナー」などだ。

VRフェンシング体験 実演風景(KNT-CTホールディングス提供)

いずれのツアーも2019年9月6日16時までの抽選販売となっている。今後は、おひとり様プランやグループプラン、選べるフリープラン等の発売を予定しているそうだ。

東武トップツアーズ

東武トップツアーズでは、5本9コースの観戦ツアーがラインナップされた。
例えば、福島復興支援と位置付けた、あづま球場で開催されるオープニングゲームであるソフトボール観戦ツアーは、社会的意義のあるツアーといえる。また和室タイプの土湯温泉の旅館に宿泊することから、一室で過ごしたいファミリー向けでもある。

また人気の陸上競技全セッションと女子サッカー決勝、そして閉会式をセットした11泊12日のコースや、個人のチケット抽選では全競技通して手配が難しい馬術を、通しで観戦できるコース、新種目の3×3バスケットボール、BMX、スポーツクライミングなどをまとめて観戦可能なコースなど、個性のあるコースがそろっているのが特徴だ。

すでに抽選受付を開始しており、2019年8月23日(金)17時までとなっている。今後は第2弾として、さらに話題性と特色ある商品や、観戦チケットを持つお客様向けプランなどの発売を予定しているとのことだ。

観戦ツアー参加のメリット

これらの観戦ツアーに参加することは、自ら観戦チケットを入手して観戦するのと比べて、どんなメリットがあるだろうか? KNT-CTホールディングス株式会社と東武トップツアーズ株式会社の担当者それぞれに聞いた内容をまとめた。

1.宿泊施設・交通機関の手配が不要

観戦チケットは確保したが宿泊場所が確保できない、または確保できても競技会場から場所が離れるなどの課題がある中、オリンピック公式観戦ツアーは、競技観戦チケットのほか、宿泊施設や交通機関の用意までセットになったパッケージ商品であるため、特に遠方からの競技観戦には便利。宿泊施設は開催される競技場に近い場所をセットされることもあり、効率的で、身体的な負担も少なく競技を楽しめる。

2.個人では観戦チケット確保が困難な競技の観戦も可能に

すべての競技観戦や競技会場を制覇できるツアーなど、なかなか個人では確保が難しいものを実現するツアーもある。また、希望種目を観戦できるのも魅力だ。

3.旅行会社の添乗員などにサポートしてもらえる

観戦ツアーでは、プロの添乗員や係員が、行程中の案内や要望への対応をしてくれる。また旅行開始前の質問や相談、要望にも事前対応をしてもらえることから、特に地方から来る場合には、不安がなくなる。

4.東京まち歩きも楽しめるツアーも

中には競技観戦だけで終わらず、競技会場や各所での催し物など、会期中の“東京まち歩き”をサポートする、旅行会社ならではのアイデアとノウハウを結集させた提案型ツアーもある。観戦を楽しむパパ、旅そのものを楽しむママ、観戦に限らず見るものすべてで楽しみたい子どもといったファミリーのニーズにも応えてくれそうだ。

【参考】

KNT-CTホールディングス 東京2020オリンピック・パラリンピック応援サイト

東武トップツアーズ 東京2020オリンピック・パラリンピック特設サイト

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。