人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

“デスクミント族”が仕事中に消費するタブレットの数は?

2019.08.20

リフレッシュしたい、眠気を覚ましたい、息をキレイにしたい、そんなときに大活躍するのが『ミントタブレット』。クラシエフーズは、オフィスのデスクにミントタブレットを常備している人を“デスクミント族”と命名した。あなたの近くにもきっといるはず。

今回、同社は20~40代の“デスクミント族”を対象に、ミントタブレットを口にするシーンや消費ペースなどについてアンケート結果を発表した。

オフィスの“デスクミント族”の実態を調査

リフレッシュ、眠気覚ましのほか、オフィスでのコミュニケーションにも役立っている「ミントタブレット」

まず、「会社のデスクでミントタブレットを食べるのはどのようなときですか?」と聞いたところ、「リフレッシュしたいとき」(64%)、「眠気を覚ましたいとき」(62%)、「息をキレイにしたいとき」(54%)、「集中したいとき」(33%)などの回答がみられた。“デスクミント族”たちが、リフレッシュ、眠気覚ましなど、さまざまな目的でミントタブレットを食べている様子がわかる。

さらに、自分で食べるだけではなく、「会社で、ミントタブレットを人にあげることがある」人が56%と約6割に。また、「ミントタブレットをわけること/一緒に食べることは、会社の人とのコミュニケーションにつながる」と回答した人も52%にのぼっており、ミントタブレットが人間関係の潤滑油になっているケースも多いようだ。

ミントタブレットの消費ペース、平均はどれくらい? 1日で1箱食べきった経験がある人も約4割に!

それでは、“デスクミント族”たちは、どれくらいのペースでミントタブレットを消費しているのだろうか。1日あたりミントタブレットを合計で何粒食べているかを聞くと、その平均は「9.6粒」となった。

「フリスク」をはじめとした一般的なミントタブレットは、1箱50粒入りのものが多いが、“デスクミント族”はその約5分の1にあたる量を1日で消費していることになる。また、「1日で1箱のミントタブレットを食べきってしまったことがある」と答えた人も4割近く(35%)にのぼった。

7割以上が「デスク用のミントタブレットを切らした」経験アリ…仕事に影響が生じるリスクも!?

さらに、“デスクミント族”のうち、71%が「会社のデスクで食べるミントタブレットを切らしてしまったことがある」と回答。また、「会社のデスクで食べるミントタブレットを切らすと、仕事に影響が生じると思う」と答えた人も約半数(47%)となった。

具体的な声としては、「集中力が切れたときや疲れたときに食べるので、無いと仕事の効率が落ちる」(25歳・男性)、「眠気対策として食べているので、睡魔に負けてしまいそう」(23歳・女性)、「息が気になって会議などの発言をためらうときがある」(42歳・男性)などの回答がみられる。

デスク用のミントタブレットを切らすことは、集中力や積極性の低下など、仕事におけるさまざまな弊害につながってしまうようだ。

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。