人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

通勤ルートにファストフード店が多いほどBMI値が高い!?肥満につながる食習慣の盲点

2019.08.27

“地中海式ダイエット”は食べても太らない

 甘やかされて育てられたペットは、エサを与えれば際限なく食べてしまうかもしればいが、普通の環境で育った動物は極端に過食をすることなく、自然に一定の体重を保っているものだろう。

 しかしながらその食事の内容が、肉やパンなどの「西洋式ダイエット」であれば、動物であっても体重が増加し、糖尿病と脂肪肝のリスクが高まることが最近の研究で報告されている。一方で健康的な食事として昨今注目されている「地中海式ダイエット」では、特に食事制限をしなくとも体重は増えず健康が維持されていることも判明した。

 米・ウェイクフォレスト大学の研究チ―ムが2019年5月に「Obesity」で発表した研究では、サルの健康データを長期間にわたって観察して、西洋式食事と地中海式食事が健康に及ぼす影響を分析している。

Medical Xpress」より

 研究チームは中年のメスのサル(カニクイザル)38匹を2つのグループに分け、一方には「西洋式ダイエット」を、もう一方には「地中海式ダイエット」をそれぞれ特に食事制限なく与え続けて38ヵ月間の健康データを収集した。ちなみにこのサルにとっての38ヵ月間は人間では9年間に相当するということだ。

 長期に及ぶ観察の結果、地中海式ダイエットのグループは摂取カロリーが減り、体重が増えず、体脂肪が少ないことが明らかになった。その一方で、西洋式ダイエットのグループは体重が増え、糖尿病と脂肪肝のリスクが高まっていたのである。

 また地中海式ダイエットの食習慣はこの脂肪肝を予防する働きもあることが確認されている。今回の研究はサンプルサイズが小さく、今後のさらなる研究が必要されるが「霊長類の実験を通じて、西洋式ダイエットに比べて地中海食ダイエットが脂肪肝の予防に優れていることを初めて示す研究になりました」と研究チームは言及している。

 新鮮な果物や野菜、ナッツ類やオリーブオイルをふんだんに使い、そして肉や魚も適切に用いる地中海式ダイエットの健康効果に、ますます注目が集まっていることは間違いない。

文/仲田しんじ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。