人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ファーウェイが発表したスマホ向けUIの最新版「EMUI10」の中身をおさらい

2019.08.20

近年、ファーウェイのスマートフォンユーザー数は急速に増加しており、今年度はグローバル規模での販売台数がわずか5か月で1億を達成している。

そんな中、ファーウェイから正式発表されたのが『EMUI10』だ。分散型テクノロジーをオールシーンに適用し、端末間音声通話/ビデオコールの同期化、端末間オフィスタスクの同期化、スマート車載などを実現した。

複数の端末に同時に適用することにより、開発者はコストを削減し、効率を向上させることができるだけでなく、ユーザーによりパーフェクトなオールシーンでのスマートエクスペリエンスを提供することもできる。

分散型テクノロジーをオールシーンに適用した『EMUI10』

2012年にEMUI 1.0が誕生して以来、ファーウェイは7年間にわたり技術更新を行い、ユーザーに継続的に高品質なエクスペリエンスを享受させるため、既存のユーザーにEMUIアップデートサービスを提供し続けてきた。

データによると、EMUI 8.0とEMUI 9.0のユーザーアップデート率はそれぞれ79%と84%に達し、EMUI10アップデートユーザーは1億5000万人にも達すると予想している。

Link Turboのネットワーク集約テクノロジーにより、4G / WiFiなどのネットワーク環境下では、スマートフォンのネットワーク速度は単独の4Gネットワークより70%増加。また、EROFSスーパーファイルシステムにより、Androidシステムのランダム読み取りパフォーマンスは一般的なAndroidに使うExt4より、平均20%増加している。

今回発表されたEMUI10では、刷新されたUX設計、オールシーンをカバーするシームレス体験および一段上のスムーズなオペレーションという3つの革新を実現。EMUI10では、より見やすく、より快適なダークモードを追加した。ヒューマンファクターリサーチにより、明るい背景と暗い背景では、同じ色でも肉眼が感知する明るさと彩度が異なることが分かっている。

このことから、「ダークモード」では、前景のテキストを暗い背景に快適なコントラストで配置し、テキストとシステムアイコンの色を最適化し、眼に映る一貫性、快適さ、読みやすさを確保。EMUI UXデザインコンセプトのローンチイベントでは、より多くのEMUI10 UXデザインの特長が公開された。

近々、EMUI10 BETAバージョンのアルファテストを実施する予定だ。また、王成録氏は、EMUI10が次期Mateシリーズに搭載されることも発表している。EMUI10の最新情報については、公式チャンネルを確認してみよう。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。