人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

妻の家事時間は夫の育児時間!家事シェアの秘訣は「フォロー」にあり

2019.08.25

家事シェア〜木下家

夫の帰宅が夜遅い木下家では、どうしてもワンオペ育児になりがち。さらに長女の就学という新環境で妻の疲労は増加傾向に。少しでもその負担を軽減するため、DIME共働き夫婦応援団が打開策を探った。

〜木下家PROFILE〜

木下家PROFILE[夫]聡さん
会社員・42歳。家事の担当は特に決まっていないが、妻に依頼されたことは確実にこなす。子供の世話もかなり上手。

[妻]田美子さん
調剤薬局勤務・39歳。料理、掃除、洗濯など、家事全般を行なう。多忙な時は無理をせず、夫に依頼している。

[子]柚香ちゃん(6歳)&百花ちゃん(2歳)
夕方は学童保育で過ごす小1の長女と、保育園児の次女。毎日、ママのお迎えが楽しみ。

子供の世話で手いっぱい。余裕を持って家事をしたい

 子供がいる共働き世帯では、「子供の世話に追われ、家事に充てる時間が取れない」という悩みを抱えているケースが多い。木下家も同様だ。

 夫の聡さんはひと通りの家事をこなすが、帰宅時間が遅い日が多く、家事力を発揮できるのは休日のみ。平日は、妻が家事をこなしている間に子供の相手をすることでフォローしている。

 妻・田美子さんは「夫が協力的なので感謝しているんですが、それでも毎日バタバタで、満足に家事がこなせていないのが実情です。家事も疲れもたまっていく一方で……」と深いため息をつく。

 さらに木下家は今まさに〝小一の壁〟(※)に突き当たっている。長女が就学して学童保育に切り替わったのだが、17時までに迎えに行かなければならなくなってしまった。また、学童保育の場所と保育園が離れているため、長女を連れていったん帰宅すると、すぐに自転車に乗り換え、次女のお迎えに出直しているそうだ。

「その間、柚香はひとりでお留守番をしていますが、心配なので、ゆっくり買い物もできず、急いで帰ってきます」(田美子さん)

 2回目の帰宅後は夕飯の準備に洗濯に……と、夕方以降ずっと分刻みの忙しさだ。

 妻の疲労がたまっていることには聡さんも気づいており、精神的な面からも妻を支えなければならないと思っているそうだ。

「子供が高学年になったら、学童保育がなくなります。子供の夏休みや長期休暇中をどうやりくりするかが大きな課題です。具体的な対策があれば、ぜひ知りたいところですね」(聡さん)

 はたして木下家の不安を拭う策はあるのだろうか?

※小学校入学後、子供を夜間まで預けることが困難になり、働き方の変更を強いられる問題。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。