人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

立ったままでも素早く収納物の出し入れができる!使えるビジカジトート「フラップワントート」

2019.08.20

『フラップワントート』の気になる点

◆鞄が自立しない

 個人的に気になった1つ目のポイントは鞄が単独で自立しない点だ。確かにトートバックとして捉えると一般的には自立しないものが多いのかもしれないが、ビジネスの用途も兼ねていることを考えると自立する鞄であって欲しいところ。得意先で着座して面会する際など、立てかける場所がないと鞄が倒れてしまうのは少し心許ない。底部にはご覧の通り鋲が打ってあり置いたときに本体が汚れたり傷つくのを防いでくれるのは評価できるので、せっかくなら自立できる仕様にして欲しかった。

◆フックパーツの開け閉めには慣れが必要

 この鞄では正面のフラップにフックパーツが付いている。

 こちらのフックパーツをベルトに引っ掛けることでフラップが開かないように固定することができるのだが、角度をつけてベルトに引っ掛ける操作に若干の慣れが必要だと感じた。慣れるまでは素早い開け閉めには至らず少し不便さを感じるかもしれない。ただし、慣れてくれば問題のないことではあるし、そもそもフラップにはマグネットが内蔵されているのでフックパーツを使用しなくてもパチンと閉じる仕組みになっている。どうしても気になるならいっそフックパーツを使用しないのも手だろう。

『フラップワントート』が向いている人とは?

 冒頭でも述べたように、この『フラップワントート』が向いているのは「立ったままで行う営業・事務系の仕事」を行う人、というのが私の考えだ。具体的に挙げると、訪問販売をする人や取材をする人、秘書のように立ったまま・移動しながら鞄の中身を出し入れする必要がある人は特にこの鞄の恩恵を受けるのではないかと感じた。もちろん、これらの職業以外にも恩恵を受ける人はいると思うので、鞄の特徴を踏まえた上で是非購入を検討してもらいたい。

『フラップワントート』を購入するには?

『フラップワントート』のカラーラインナップはネイビー・ダークオリーブの2色。なお、今回写真で紹介しているのは後者の方だ。価格は税込み21,186円で小学館の通販サイト「PAL SHOP」から購入することが可能だ。

■関連情報
https://www.pal-shop.jp/item/A12908002.html

text/Wataru KOUCHI

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。