人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モツマニア感涙のモツ煮と出会える奥沢の中華屋「D」

2019.08.22

オレにいわせりゃまだまだギャルとの夜開始か!?

 そこにはこう書いてあった。

“もつ煮定食”

 中華なのにもつ煮があるのか!? この時点でグッとくる。“定食”を食べる気はないが、単品で頼める可能性も高いだろうし、そうとなったら中華料理屋のもつ煮ってので呑んでみたいじゃないすか!

 俄然、この店に好奇心が沸いてきた。

 店の前を通りすぎるフリをして中をのぞいて見ると……かなり年季の入ったカウンターだけの店内。カウンター奥には高齢の女性が一名。女将さんであろう。そしてカウンターのスツールには30代くらいの、オレにいわせりゃ“まだまだギャル”が二人座って、その女将さんとなにやら楽しそうに話してる。さらにカウンターには、飲みかけのビール瓶らしきものも立っている。

 店の前を一度通りすぎてから考える。なんかヤケにアットホームっぽい店だし、入ってみたら“まだまだギャル”あたりとも、楽しく一緒に呑めたりするんじゃないの? そんな思惑が脳を駆けめぐった時には、踵を返して店のドアを開けていた。

『D(仮名)』というその店は、昔ながらのラーメン屋という風情。さっきチラ見した通り、女将さんと思われる女性とオレにいわりゃ“まだまだギャル”が楽しそうに談笑している。一人ですけどいいですか? 的なことを言って店内に入れば、

「どうぞ、どうぞ」

 と女将にいわれたんで、

「すみませんねェ」

 なんていいつつ、まだまだギャルの座るイスの後ろを通ってカウンターの奥へと座る。店内をチラリと見回してもお酒関連のメニューは見つからなかったので、ビールならば絶対あるだろう、というかすでにまだまだギャルは瓶ビール呑んでるし、瓶ビールを注文。

「アサヒとサッポロ、どっちにします?」

 ったくうれしいじゃないの、こういう選択肢!! サッポロをお願いし、もう一度店内のメニューを見ると、あるある! ラーメン系以外にもまず定食系がいろいろある。

 それも中華に限らず、『焼魚定食/750エン』なんてのもある。“エン”ってのは、この店の短冊メニューの表記のをそのまま書かせていただきました!

 それどころか、『みそでんがく』『あつあげ』『ししゃも』『ウインナー』(以上500エン)だの『なっとうおろし』『やっこ』『コーンバター』(以上450円)なんていう、中華ともラーメンともまったくもって関係ない、正統派のツマミまである!!

 ようするにこの店、中華系中心ではあるが、呑める食堂じゃん! オレの大好きな秘境酒場のワンジャンルじゃん!!

 しかし、そう喜んだ刹那、驚くべき事態がオレの身に降りかかったのだった!!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。