人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「マトリックス」みたいに弾が止まって見える!?簡単にバレットタイムを撮影できるおもしろガジェット「WinGo」

2019.08.28

 お前が現実だと思っていたこの世界は、実はコンピューターによって作られた仮想現実の世界なのだ~……といった、ショッキングな設定で見る者を虜(トリコ)にした、今でも長きに渡って語り草とされる、SFアクション映画の金字塔である「マトリックス」。

 筆者は、今ここにいる仮想現実の世界では冴(さ)えないオッサンですが、本当の現実の世界では、キアヌ・リーブスみたいなイケメンに違いありません。そう思わないと生きていけません。辛い……。

 「マトリックス」の映画のシーンでは、カメラが主人公のまわりをグルグル回って、向かってくる弾を避けたり、飛び蹴りしたりするカッコいいシーンがワンサカあります。そういう、イカした撮影方法を、「バレットタイム」と呼びます。

 バレットタイムとは、被写体のまわりにカメラをたくさん並べて、被写体を連続撮影しますと、被写体の動きはスローモーションなのに、カメラワークは高速で移動する映像を撮影できるという、SFXでステキな技術です。別名、「タイムスライス」、「マシンガン撮」とも呼ばれます。

 この技術は、1870年代にエドワード・マイブリッジが手掛けた、疾走する馬を、12台のカメラによる連続写真で撮影した技法から始まっています。アニメでは、「マッハGoGoGo」のオープニング映像で、三船 剛(みふね ごう)が、マッハ号を飛び降りた格好で急に静止しますと、カメラがぐるっと回り込んで観るものを魅了する、おなじみのシーンで有名です。

 そんな超カッコイイ「バレットタイム」撮影ですが、残念ながらカメラがたくさん必要なのが、世の中のバレットタイム撮影愛好家たちの悩みの種でした。

 面白ガジェット全盛のこの時代、お手軽簡単に「マトリックス」みたいなイケてる映像が撮れる、そんな都合の良い撮影機器は存在しないのでしょうか……?

実はあります。

このたび、クラウドファンディングの雄であるKickstaterより、気分はマトリックス? アクションカムで360度バレットタイム撮影可能なガジェット「WinGo」が発表されています!

Kickstater/WinGo - Hollywood movie equipment in your pocket

Wingo Pro - Hollywood movie equipment in your pocket

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。