人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「離婚届にサインしてッ!!」楽しみながら学ぶ夫婦間のハラスメント問題

2019.08.25

今も昔も、比較的若い夫婦の離婚理由は「性格の不一致」が1位だが、それに迫る勢いなのが、暴力やモラハラ(精神的暴力)だ。肉体的なものであれ、精神的なものであれ、こうした行為は執拗に繰り返されることが多く、行っている側は罪の意識が乏しいから始末に悪い。

そんな中、ゲームという「楽しい遊び」をしながら、こうした問題行動への気づきを促し、気の合う仲間と気持ちをシェアすることを目的としたカードゲームが話題を呼んでいる。

今回は、このゲーム「離婚届にサインしてッ!!」を紹介したい。

正当な離婚の証拠を積み重ねるカードゲーム

最大6人で対戦可能なこのカードゲームは、手札4枚で始め、山札から1枚ずつ引いて、1枚捨ててを繰り返し、同じ色(ピンク、緑など)のカードを揃えてあがりを目指すというもの。

カードの例

各カードには、「不貞」、「モラハラ」、「暴力」、「嫁姑」などのカテゴリーがあり、そのカテゴリーごとに色分けがされている。さらに、最低1ポイントの点数も付いていて、5ポイント以上のカードだけが「強い証拠」、ほかは「弱い証拠」とされている。あがるためには、最低1枚の「強い証拠」カードが必要だが、このカードは1カテゴリーに1枚しかない。つまりは、そう簡単にはあがれないという仕掛けがある。

そこで頼りになるのが、常に場にいる「弁護士」カード。各プレイヤーにあらかじめ与えられている「報酬金」を使い弁護士を雇うことで、「強い証拠」カードがなくてなかなかあがることができないという悩みを一発で解消してくれる。

他に、「探偵」カードが2種類あるが、これもお金を払うことで手札の中身を変え、ゴールへと近づけることができる。

そして、特殊なカードとして「トメ」(姑・止)カードがある。これを山札から引いた場合、即座に次の手番のプレイヤーの手札を全部見て、そのうちの1枚を自分の手札1枚と交換できる。しかも、そのプレイヤーの今の手番を「止め」て、スキップさせる効果がある。

特殊な効果を持つ様々なカードがゲームをより面白くする

誰かがあがりとなった場合、そのプレイヤーは「慰謝料券」を1枚獲得する。そして、残りのプレイヤーは1周分だけ、1枚カードを引いたり、特殊カードを使用してターンが終了する。ここで各人の手札のカードのポイントを合計し、最も得点の高い人は慰謝料券を2枚獲得する。3ターン繰り返して、一番慰謝料券を持っている人が勝利、というのがゲームの仕組みだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。