人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収200万円でも幸せに暮らす漫画家が実践する「ゆる節約術」

2019.08.17

漫画家のおづまりこさんは、2年前に独立するまでの10年間、派遣社員をしていたという。

その頃の年収は200万円ほどで、シェアハウス暮らし。いつか、ひとり暮らしを始める時に備えてシビアな節約を実行したものの、数か月で挫折。そこで、家計簿アプリを駆使して支出を見直すなどして、無理のない「ゆる節約」を習慣化することに成功。

漫画家となって年収は200万円を超えた今も、支出は年間200万円以内に抑えているという。そのノウハウは、コミックエッセイ『おひとりさまのゆたかな年収200万生活 2』(KADOKAWA)に詳しく描かれている。

中途挫折せず長く続けられる「ゆる節約」とは、どのようなものだろうか? おづさんのコメントを交えつつ、本書からいくつか紹介したい。

月の食費を2万円に抑える秘訣

おづさんの1ヶ月分の食費は、「自炊1万円、外食1万円」のあわせて2万円。きちんと1日3食(時にはスイーツも)とって、この額に収まっているという。

食費節約の秘訣について、おづさんは次のように話す。

「食材の買い出しと保存方法にコツがあると思います。食材によってどこのスーパーで買うか決めたり、野菜は量が多くて安い八百屋さんなども利用しています。冷凍できる食材を知ったら、使い切りがとってもラクになりました! 月はじめにお肉を安いスーパーで買い小分け冷凍して、週に数回野菜を買い足しするようにしています」

冷凍できる食材を把握し、作り置きで使い切ると食費は節約できる

そして、本書には、安くて、手早く作れるレシピがいくつか載っている。例えば、夏におすすめのタイ風焼きそば(材料費は約150円)の作り方は、以下のとおり。

【材料】
中華めん 1玉、豚こま切れ肉 50g、卵 1個、プチトマト(半分に切る) 4個、もやし 1/4袋、にんにく(みじん切り) 1/2片

【調味料】(混ぜておく)
A:水 大さじ1、鶏ガラスープの素 小さじ 1/4
B:ナンプラー 小さじ1、オイスターソース 小さじ1、粗びき黒こしょう ひとつまみ

【作り方】
1. フライパンにゴマ油小さじ1を入れて、中火にかけ、にんにくと豚肉を加え、肉が白っぽくなるまで2分炒める。
2. プチトマトを加えて1分炒め、卵を割り入れて軽く混ぜてから、中華めんとAを加えフタをする。
3. 30秒たったらフタを取り、めんをほぐす。
4. もやしを加えて30秒炒めたら、Bを加えて全体を混ぜながら1分炒めて完成。食べる前にレモン汁少々をかける。

食材費は安くても本格風でおいしい料理はできる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。