人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ハッセルブラッドが中判カメラの新モデル「X1D II 50C」と「XCD 35-75」ズームレンズなどを発売

2019.08.16

ハッセルブラッドは中判撮影の楽しみを広げる新製品を発表した。

今回発表されたのは、進化したX1D II 50Cカメラ、待望のXCD 3,5-4,5 / 35-75ズームレンズとPhocus Mobile 2。また、CFV II 50Cデジタルバックと907Xカメラボディの開発発表もされたので一緒に紹介しよう。

中判の世界をさらに広げるハッセルブラッド

X1D II 50C – 進化した中判撮影

より気軽にスタジオの外へ中判を持ち出せるように、ハッセルブラッドはXシステムの次世代機、X1D II 50Cミラーレス中判デジタルカメラを発表。より広いフォトグラファーに使ってもらえるように、ハッセルブラッドはユーザーの声に耳を傾け、エレクトロニクスを改良してより迅速で直感的な操作性を実現している。

XCD 3,5-4,5/35-75 ―コンパクトズームに単焦点の性能を

今回、Xシステムレンズの9番目としてXCD 3,5-4,5 / 35-75ズームレンズが追加された。XCDの単焦点レンズと同等の優れた画質を提供するこの標準ズームは、広角から小望遠までの焦点距離をカバーします。インナーフォーカスによりレンズの寸法を一定に保ち、高速なオートフォーカス、さらに全体の重量軽減に寄与している。

広角の風景からポートレートまであらゆるものを撮影するのに理想的なこのレンズは、旅行中に持ち歩く道具の量を最小限に抑えたい一方で画質を犠牲にしたくないフォトグラファーに最適だ。

PHOCUS MOBILE 2が外出先での編集ワークフローを変える

ハッセルブラッドのワークフローの可能性を広げるPhocus Mobile 2アプリケーションは、外出先でも画像編集を可能にする。Phocus Mobile 2はX1D II 50CおよびCFV II 50Cと互換性があり、USB-CまたはWi-Fi経由で端末と接続。端末としては現在、iPad Proおよび2019 iPad Airモデルがサポートされており、外出先やスタジオでのワークフローをより速く、一貫して行えるようになる。

CFV IIと907X エックスがハッセルブラッドの歴史を1つのシステムに

ハッセルブラッドはCFV II 50Cデジタルバックとすべてが新しい907Xカメラボディの開発を発表。CFV II 50Cデジタルバックは、中判5000万画素CMOSセンサー(43.8 x 32.9 mm)を備え、1957年以降に製造されたほとんどのハッセルブラッドVシステムカメラで使用できる。またサードパーティーのテクニカルカメラやビューカメラでも使用可能。ユーザーエクスペリエンスの向上のため、CFV II 50Cはチルトスクリーンを採用し、また、設定、画像再生、メニュー設定などにおいてタッチ操作が可能だ。

CFV II 50Cをハッセルブラッド史上最小の中判カメラボディ907Xと組み合わせると、非常にコンパクトなカメラシステムができあがる。この組み合わせは、CFV II 50Cのチルトスクリーンによって、Vシステムのウエストレベルと同等の撮影スタイルを可能に。907Xを使うことにより、すべてのXシステムレンズに加え、Hシステム、Vシステム、XPanレンズを含む、幅広い種類のハッセルブラッドレンズが使用できる。

X1D II 50Cは参考価格 650,000円(税別)。XCD 3,5-4,5/35-75ズームレンズは参考価格 585,000円(税別)となる(2019年10月発売予定)。

関連情報/https://www.hasselblad.com/jp
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。