人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ起こる?子どもを車内に残したままの「キー閉じ込み」防止策

2019.08.20

昨年のJAFロードサービスの主な出動理由TOP3は「過放電バッテリー」「タイヤのパンク、バースト、エアー圧不足」「キー閉じ込み」だった。特に夏はキー閉じ込みには熱中症リスクがあることから、厳重注意が呼びかけられている。

この夏休み、まだまだドライブの機会が待っている場合には、キー閉じ込みによる熱中症リスクや、キー閉じ込みのよくある原因と対策を確認しておこう。

子どもを残したままの「キー閉じ込み」は熱中症リスクが高まる

2018年8月1日~8月31日の1ヶ月間、JAFが出動した「キー閉じこみ」の救援のうち、子どもが車内に残されたままであったケースは、全国で246件あったと公表された。
このうち、緊急性が高いと判断され、通常の開錠作業ではなくドアガラスを割るなどしたケースが8件あったという。

特に真夏は熱中症リスクが高まるため、キー閉じこみは非常に危険となる。

●気温35℃の炎天下では「15分」で危険レベルに

出典:JAFユーザーテスト(車内温度/夏)

JAFが実施した車内温度の検証テストによると、気温35℃の炎天下に駐車した車内の熱中症指数は、窓を閉め切った状態でエンジン停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達したそうだ。

日陰に駐車していたとしてもその車内温度の差はわずか約7度で、駐車場所に関わらず外気温が高温である場合は注意が必要だとJAFは呼びかける。

キー閉じ込みでなくとも、。「少しの時間だから」「寝ているから」といって車内に子どもを残したまま車を離れることは非常に危険な行為である。また、高齢者やペットなども車内に残すことも避ける必要がある。

子どもの車のキー閉じ込みの原因と対策

子どもを車内に残したまま、キーをかける閉じ込みの原因にはどんなことがあるのだろうか? JAFの担当者に対策も合わせて聞いた。

「『子どもが誤ってロックを操作した』というものが多く、“あやすためにリモコンキーを子どもに持たせていたら、ロックボタンを押してしまった”というものもありました。

その他、電子キーの電池切れや『鍵を所持していると思い込んで閉めてしまった』というものもありました」

●「キー閉じ込み」防止のポイント

1.ドアの施錠(ロック)はカギを手に持って(リモコンキーの場合も手に持って確実に)

2.トランクに荷物を積み込む場合は要注意(トランク内のキー置き忘れに注意)

3.クルマのキーやリモコンキーを子どもに渡さない

出典:JAF「『子どもを車内に残して車を離れたことがある』は28.2%」

また、熱中症リスクについても十分に理解が必要だ。

「少しの間であってもお子さまを残して車から離れず、必ず連れて出ていただくことが大切と考えます。JAFが実施した検証テスト結果からもわかる通り、キー閉じこみのトラブルにならずとも、熱中症の可能性もあります」

まだまだ続く暑い夏。車でレジャーに出かける際には、よく注意して行動する必要がありそうだ。

【参考】JAF「車内熱中症に注意!子どもを車内に残したままのキー閉じ込み 昨年の8月は1ヶ月で246件!」

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。