人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

毎日そうめんで飽きてきた人におすすめ!美味しくて栄養たっぷりのちょい足しそうめんレシピ

2019.08.18

夏はそうめんを食べる頻度が増えるが、そうめんばかりだと、栄養バランスの崩れが気になるところもある。管理栄養士の小泉明代さんに、そうめんばかり食べることによる栄養の偏りや、栄養を補うためのちょい足し食材とワザを聞いた。

夏休みの食事作りの悩みとは?

シェアダインでは、小学生のお子様を持つ保護者を対象にアンケート調査を実施。その結果「夏休みの食事作り」に悩む実態が明らかになりました。

シェアダインが、2019年6月、小学生の子どもを持つ全国の保護者300名に対して実施したアンケート調査結果によれば、一年の中でも、食事作りが最も大変な時期は「夏休み」となった。その理由は下記がトップ3となった。

1位「食材・メニューが偏りがちで、子どもの栄養バランスが不安」…31%
2位「献立やメニューを考えるのが大変」…27%
3位「食事作りの回数・量が増える」…25%

またアンケートでは「夏休み、食卓に並ぶのはそうめんばかり」「暑くて冷たいものばかり食べてしまう」という声も挙がった。

多くの場合、長い夏休みゆえに、そうめんや冷やし中華などの冷たいメニューがマンネリ化していることが課題のようだ。そして子どもの栄養バランスが一番の気がかりのようだった。

そうめんばかり食べていると栄養が偏る?

実際、そうめんを食べる頻度が高いと、栄養バランスはどうなるのだろうか? 管理栄養士の小泉さんが次のように解説する。

「そうめんの原材料は、小麦粉、塩、油で、多く含まれる栄養素は『炭水化物』です。乾麺100gあたりに72.7gの炭水化物が含まれています。そのため、そうめんばかり食べていると炭水化物に栄養が偏ってしまい、その他の栄養素であるたんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足してしまうことが考えられます」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。