人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

医師、看護師、新薬研究者、医療業界で奮闘する若者たちの本音

2019.08.20

@DIMEの人気連載「若手社員のホンネ」から、医療業界で活躍している若者たちの記事をピックアップしてお届けしよう。

医療業界で活躍する若者たちの本音

入社4年目社員の本音「砂漠の中から一粒のダイヤを探し当てるような仕事です」協和キリン・吉岡紗衣子さん

世界の飢餓を何とかできないかと、大学は植物関係の勉強をしたいと思っていたのですが、途中からips細胞に興味を抱いて。大学の先生の紹介でips細胞関係の研究所に通い、肝臓の細胞を形成する研究に携わりました。

【参考】https://dime.jp/genre/736276/

入社4年目社員の本音「新薬開発の仕事は〝患者を治したい〟という思いと〝研究が好き〟という気持ちが重要」協和キリン・吉岡紗衣子さん

入社以来、私の関わった仕事で新薬に結びついたものは一つもありません。運良くヒット化合物を見つけても、そのヒット化合物を様々な視点で評価する。効果があるかもしれない、化合物の性格が良いと判断され、リード化合物と認知をされてからの道のりも長い。

【参考】https://dime.jp/genre/736284/

看護師6年目の本音「患者さんががんと向かい合ってどれだけ頑張ってきたかを知っています」聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院・猪子萌さん

出身は横浜です。高校時代はバスケット部で進路はどうしようかと。たまたまその少し前に祖母が子宮ガンで他界しまして。その時、看護師の仕事ぶりを目にして、人を助けたり支えたりする仕事に就きたいと。

【参考】https://dime.jp/genre/726816/

看護師6年目の本音「患者さんの話を聞き、寄り添うことが何よりも大切です」聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院・猪子萌さん

16時30分から翌朝9時までの夜勤が、月に6回ほどあります。夜勤は多い時で患者さんを10名ほど受け持つ。楽な勤務ではありません。業務にも慣れた2年目のある日、夜勤の時にナースコールを何回も押す患者さんがいて。ただでさえ忙しいのに、私は嫌になった。

【参考】https://dime.jp/genre/726823/

4年目医師の本音「患者さんに寄り添える医者になりたい」昭和大学藤が丘病院呼吸器内科・賀嶋さおりさん

私にとって医者は馴染みのある職業です。父は心臓血管外科の勤務医で。家ではダラダラとくつろいでいますが、患者さんのことで病院から家に電話があると、毅然として対応していました。子どもの頃、休日勤務の時に病院に連れて行ってもらうと、白衣姿のキリッとした父がかっこよかった。

【参考】https://dime.jp/genre/710215/

4年目医師の本音「医療って何だろう−脳死の現場に立ち会ってそう自問自答しました」昭和大学藤が丘病院呼吸器内科・賀嶋さおりさん

体格のいい十代の男性で、処置室では「痛いよぉ!」と訴えていたのですが、急に心臓が止まってしまった。胸骨圧迫や輸血等で心臓は動き出しましたがその間、脳に酸素が行かず脳死状態。その子は免許書の裏にある臓器提供の同意にサインをしていました。ご家族もバイクに親しんでいて、事故で命を落とすこともあるかもしれないと理解していたのでしょう。親御さんは「臓器提供をお願いします」と、同意書にサインをしてくれました。

【参考】https://dime.jp/genre/710239/

構成/DIME編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。