人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オールS席で公演は100%自主プロデュース!新生PARCO劇場が2020年3月にグランドオープン

2019.08.13

旧PARCO劇場は、1973年渋谷PARCOの9階にオープン(当時の名称は西武劇場)以来、2016年までの43年間、プロデュース公演の先駆けとして、約1200作品を上演。数々の話題作を世に放ち、多くの観客に、そしてクリエーター、俳優に愛されてきた。

芸術監督を置かず、劇場のプロデューサーがクリエーターや俳優と膝詰めで作品を創り上げ、お客さんと共に成長してきた劇場といえるだろう。

43年間培ったこのスピリットとDNAを引き継ぎつつ、創る側の創造性を刺激する豊かな舞台空間と、圧倒的に舞台に近い客席を両立した新生・PARCO劇場の幕が上がる。

2020年3月グランドオープン PARCO劇場 REBORN

国際観光都市としてますます活気を帯びる渋谷の中で、世界に向けてアピールできるプレミアムシアターとして、年間の公演を100%自主プロデュースし、360°の演劇ビジネスを展開する拠点となる。

客席

旧劇場の舞台と客席の距離感を継承し舞台と一体感のあるワンスロープ・オールS席のプレミアムシアターを実現。(最大視認距離21.4m・客席傾斜角17゜)

PARCO劇場のコンセプト

人生が変わる瞬間に出逢おう。オールS席のプレミアムシアター。

636席という親密な空間で現代日本トップクラスの作品のみならず、世界水準の舞台を目の当たりに。クリエーターと俳優陣、そして観客のあなたが創り出す、二度とない瞬間。それがPARCO劇場で過ごす時間。

ロゴコンセプト

人々が集まり、出会う場としての温かさ、ひとところに留まらない軽やかさ、何かが始まる期待感を詰め込んだ、クラフト感のあるデザインに仕上がっている。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。