人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モチベーションが高い社員が多い会社に学ぶ2つのユニークな取り組み

2019.08.22

従業員のモチベーションは、生産性に関係することから、会社の財産ともいえる。

テクノロジーの力で課題解決をはかるコンサルティング事業を行う株式会社ノースサンド(東京都中央区)は、リンクアンドモチベーション社主催の「モチベーションチームアワード 2019」で算出された、経営管理部門のエンゲージメントスコアが、同調査対象となった約30,000チームの中で上位0.03%に含まれる高スコアを打ち出したほど、モチベーションが高い従業員ぞろいの会社だ。

その背景には、「1.経営理念浸透のための取り組み」と「2.社員が一体感を持つための取り組み」の2点に注力していることが挙げられるという。

そのそれぞれの取り組みを、ノースサンドに具体的に聞いてみた。

1.経営理念浸透のための取り組み

フィロソフィー賞の表彰、フィロソフィー研修の実施、カルチャーマッチを重視した採用の3点に力を入れているという。

(1)フィロソフィー賞の表彰

フィロソフィー賞の表彰

ノースサンドには、「8Rules」というフィロソフィーがあり、それに準じた行動を表彰している。

【8Rules】
1.スピードで圧倒しよう
2.情熱がなければ意味がない
3.想像力と思いやりを持つ
4.迷わずチャレンジしよう
5.感謝・尊敬・謙遜
6.圧倒的な努力で驚かす
7.論理*感情で人を動かす
8.絆を深めよう

実際、表彰された社員の行動を見ていこう。

●「迷わずチャレンジしよう」

入社後すぐから毎週、自発的に社内SNSへビジネス書の読書感想文を投稿した。

●「圧倒的な努力で驚かす、絆を深めよう」

新卒研修においてスタート時刻の一時間半前に会場入りし研修の予習&施設の方とのコミュニケーションを取っていた。

●「情熱がなければ意味がない」

採用面接を初めて担当することになった際に、自分の面接の様子を録音して聞き直し何度も何度も面接の反復練習をしていた。

(2)フィロソフィー研修の実施

フィロソフィーの浸透を目的に、全社員に研修を実施。

(3)カルチャーマッチを重視した採用

採用時には、ノースサンドのコンサルタントとして求められるスキルの高さだけではなく、ノースサンドのカルチャーとマッチする人材か否かを重要な要素として選考しているという。担当者は次のように話す。

「面談では杓子定規(しゃくしじょうぎ)な質問ではなく、候補者様のエピソードトークを聞く中で、8Rulesに沿った行動ができそうな人かどうかを判断しています。例えば、候補者様が仕事で困難な状況になった際のエピソードをお聞きし、その際に情熱もって対応したか、周りへの感謝があったか、などを確認することでカルチャーマッチするか否かを判断しています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。