人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

めちゃ懐かしい!赤電話、デュエットホン、金色、コンプリートしたくなる「公衆電話ガチャコレクション」

2019.08.11

近年の携帯電話普及により、利用機会が減少しているといわれている「公衆電話」。今、災害時の有効な通信手段としてその重要性が改めて注目されている。

それを受けて、タカラトミーアーツは、「NTT東日本」との公衆電話の使い方や認知向上に向けたプロジェクト商品として、公衆電話のミニチュアサイズのフィギュア『NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション』を11月中旬から発売する。

NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション

赤色のボディが懐かしい「新形赤電話機」をはじめ、お馴染みの緑やグレーのボディの公衆電話機、日本では数少ない設置の受話器が2個ついている「デュエットホン」や「金色の公衆電話機」など、懐かしいものから珍しいものまで全6種類でのラインアップ。

また、各機種の時代に合わせた「公衆電話の使い方ステッカー」が1枚付属しているので、フィギュアに触りながら公衆電話にあまり馴染みのないという人も、それを見ながら電話のかけ方を疑似体験できる。

MC-3P (アナログ公衆電話機) 1986年(昭和61年)

1982年に登場したテレホンカードを使って通話できる公衆電話機の小型軽量版。今も設置台数が多く最も認知度の高い公衆電話機。

DMC-7 (ディジタル公衆電話機) 1996年(平成8年)

大型ディスプレイを装備し、操作ガイダンスや通話先の電話番号、音量レベルなどを表示。

d9185-105-709982-8.jpg
MC-D8 (ディジタル公衆電話機) 2016年(平成28年)

一目で公衆電話とわかるグリーンのカラーリングで、大きく見やすいボタンや凸凹で分かりやすい投入口など、ユニバーサルデザインを採り入れた。

新形赤電話機 1971年(昭和46年)

料金投入は、一度に10円硬貨6枚可能。シニアには懐かしい通称“赤電話”。

デュエットホン 1996年(平成8年)

2つの受話器を備えた通称“デュエットホン”。3人同時に通話ができる珍しい公衆電話。1990年の電話開業100年記念に製作された。

 

金色の公衆電話機 1993年(平成5年)

1993年(平成5年)に皇太子さまと雅子さまのご成婚に際し、お祝いの意を込めてパレード沿道にあるすべての公衆電話の色を金色に塗り替えたもの。※現在は設置されていない。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。