人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「若者よ、選挙に行くな」動画は、本当に若者に届いたのか?

2019.08.12

7月21日に行われた第25回参議院議員選挙。あなたは誰かに投票しただろうか?

この直後の7月22日~7月23日、LINEリサーチにより、日本全国18-69歳の男女を対象にした「選挙」に関するアンケート調査が実施され、「選挙に行かない理由」や一部で話題になった「若者よ、選挙に行くな」動画の視聴割合などが明らかになった。

選挙に行かない理由は?

総合ランキングでは、「予定があった/急用が入った」「時間がない/忙しい」がツートップとなり、次いで「投票したい候補者/政党がいない」が3位にランクイン。4位からは、「興味がない」「意味がない」「選挙や政治がよくわからない」といった、選挙・政治に対する消極的な理由が続いた。

特に若者が選挙に行かない理由は?

投票率の低さが問題になっている10代、20代の若年層では「住民票と違うところに住んでいる」が3位にあがっていた。

進学・就職を機に転居したものの、住民票を移していないために「投票券が届かなかった」「今の居住地で投票ができなかった」という問題が発生してしまったことが、選挙に行かなかった要因の1つとなっているようだ。

40代、50代では、「意味がない/変わらない」「投票したい候補者/政党がいない」など選挙・政治に悲観的な反応を示している人も少なくなかった。

また、50代、60代に関しては「体調不良」を理由に挙げている人も多く、中には投票所まで行くことの負担が大きいと感じている人もいるかもしれない。

「若者よ、選挙に行くな」の動画はどの年代に届いたのか?

選挙期間中に、選挙について目にしたものや知ったことについて、年代ごとに調査が行われた。

10代、20代の若年層は「SNS上の呼びかけを見た」が、30代以上は「選挙の結果予測や開封速報を見た」がトップと、年代別に異なる結果となった。選挙についての情報接触は、20代以下は「SNS」が、30代以上は「テレビ」や「ネット」がメインとなっていたようだ。

また、一部で話題となった、「若者よ、選挙に行くな」という動画の視聴に関しては10代、20代で2割程度の認知率だった。しかし、最も動画の視聴割合が高かったのは60代であり、この動画の発信者役に近い年代の人たちの注意と興味も喚起されていたようだ。

若年層の投票率を上げる目的で実施されている「選挙割」だが、10代、20代ともに認知率は1割程度とまだ浸透はしていないようだ。

【調査について】
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国 18-69歳の男女
実施時期:2019年7月22日~7月23日
有効回収数:1,090サンプル
※性年代別人口構成比を実勢にあわせてウェイトバック

出典元:LINEリサーチ
https://www.linebiz.com/jp/column/research/20190729/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。