人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ここまで進化した!コスパ最強の最新ドライブレコーダー6選

2019.08.10

帰省するために、長時間運転しなければならない人も多いだろう。ところでみなさんはドライブレコーダーをマイカーに装着しているだろうか。最近では、各社から続々と新製品が発売されているので、ドライブレコーダーを@DIMEから6本を厳選し紹介したい。

最新ドラレコ6選

死角だったクルマの両サイドや後方もウィンドウ越しに撮影できるJAFメディアワークスのドライブレコーダー「ドラドラまるっと」

近年、あおり運転などの危険運転による事故が社会問題となり、そうした危険運転を撮影したドライブレコーダーの映像が様々なメディアで取り上げられている。 危険運転防止の啓蒙や抑止力として活用されるようになり、ドライブレコーダーには単なる事故録のみならず運転中に発生するリスクに対する防衛手段としての役割が求められてきた。

【参考】https://dime.jp/genre/747180/

バックカメラ付きで雨の日でもしっかり録画するAUKEYの6.8インチ大画面ミラー型ドラレコ「DRA2」

AUKEYから、高画質のフロントカメラとIP68防水バックカメラを搭載し、前後とも同時に記録可能なミラー型ドライブレコーダー「DRA2」が登場。 ループ録画、動体検知、駐車監視、自動上書き、Gセンサーなど多種機能をサポートする。高機能が搭載している割に、価格は¥10,999と安価だ。

【参考】https://dime.jp/genre/744190/

衝撃を検知すると自動で録画!高画質で録画する+Styleのドライブレコーダー「ZUS Smart Dash Cam」

近年、「煽り運転」や「逆走運転」など、不慮の事故時に動画を残せるドライブレコーダーの需要が高まっている中、+Styleに『ZUS Smart Dash Cam』が登場した。 価格は1万4904円と安価な割に、1080p(1920×1080)の高解像度と30fpsの高いフレームレート、140度の広角レンズによる高画質な動画を保存でき、加速度センサーが衝撃を検知して自動的に録画する機能を搭載している。

【参考】https://dime.jp/genre/738533/

リアカメラもフルHDの高画質で撮影!YAZACOの前後2カメラドライブレコーダー「YA-660」

2カメラドライブレコーダーは、フロントカメラの解像度はフルHDの高画質でも、リアカメラの解像度は低く、後方の車のナンバーを確認できないものがほとんど。 現在、煽り運転が問題視されており、後方が録画されていても証拠能力として不安だ。また、今後は昼間に比べて死亡事故の発生率の高い夜間の撮影にも強いドライブレコーダーが求められている。 そこでオススメしたいのが、YAZACO製の「2カメラドライブレコーダー YA-660」。

【参考】https://dime.jp/genre/737023/

HD対応の彩速ナビと連携するケンウッドの2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940」

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、ナビ連携型の2カメラドライブレコーダー「DRV-MN940」を6月中旬に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は49,800円前後(税別)。 本機は、同社“彩速ナビ”のHD対応モデルである「TYPE M」シリーズの新商品「MDV-M906HDL」「MDV-M906HDW」「MDV-M906HD」と連携可能な専用モデル。

【参考】https://dime.jp/genre/730801/

フルHDの高画質録画対応!ソニー製イメージセンサーを搭載したPAPAGOの前後2カメラドライブレコーダー「GoSafe S70GS1」

PAPAGO JAPANは、2カメラドライブレコーダーの新製品として「GoSafe S70GS1」を6月18日に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は34,000円前後(税別)。 「GoSafe S70GS1」は、SONY STRVISとSONY Exmorのイメージセンサーを前後カメラに組み合わせたコンビネーション型2カメラドライブレコーダー。前後ともにフルHDの高画質録画に対応する。

【参考】https://dime.jp/genre/729707/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。